« 諸国漫遊記~芦屋&アクアオフ編 | トップページ | 諸国漫遊記~もっと四国!最終日編 »

2008年11月15日 (土)

諸国漫遊記~もっと四国!再び編

旅行記を早く完結させなきゃ~と焦っている嫁です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

  

 

11月4日、旅行5日目。

またしてもETC深夜割引を利用して、かの国に0時過ぎに到着するよう出発しましたrvcar

かの国とは、もっと四国!以来、ずーと「また行きたい!」と熱望していた香川県shine

瀬戸大橋を通るルートで、神戸から香川県の坂出まではおよそ3時間弱の距離でした。

地図で見ると近いようでも結構時間がかかるんですねsweat01

この日は、寝るためだけの素泊まりホテルを予約しておいたので、夜中の1時過ぎにチェックインをし・・・そのまま朝まで熟睡。

そして、ソワソワしながら起床。

朝から讃岐うどんを食べまくるぞ!と気合いが入りまくっていたので旦那は待ちきれない様子で早起きしてましたgood

どのうどん屋を巡るのか迷うところではありますが、前回巡ったうどん屋の中で「どうしてももう1回食いたい!」と思う店と、後は新規開拓店を何軒か巡ることにしました。

まず向かった1軒目は、

Jvm1046_2 Jvm1045_2

坂出山下うどん店。

前回も訪れた名店です。

相変わらずうどん屋という風情は全くない店構えなのが香川らしい(笑)

そして清算システムの曖昧さも全店中トップクラス(爆)

清算時に、まず店のおばちゃんが「てんぷら食べた?」と聞いてきます。

「ちくわ天1つに、うどん少」と自己申告して清算するのです(^^;

Jvm1044

山下さんのうどんは、ケチのつけようがない美味しさです。

麺もダシもしっかりしています。

そして2軒目は、

Jvm1048

山下うどん店の程近くにある、がもううどん。

平日の朝だというのに、既に行列が出来ていました。さすが有名人気店。

Jvm1047

前回食べて旦那が大絶賛していた、かまたま。

「うぉ!!がもうさん、すげぇ~!」

夫婦で再び大感激の美味しさでした。

やっぱり有名人気店のうどんは、抜きん出てキラリと光る旨さがありますshine

そして3軒目は、

Jvm1049

1日1時間しか開いてないディープな店、日の出製麺所。

ずっと気になってはいたのですが、このたび初の新規開拓店です。

製麺工場の中にあるのすが、製造・卸が主な製麺所の一角でサービスでうどんを食べさせているような店です。

1時間しか開いてないだけあって、開店前に到着したのに既に行列が出来てました(苦笑)

Jvm1050_2 Jvm1051_2

ネギは自分で好きな分だけハサミで切って、ダシも卵も天ぷらも自分流にトッピングする超セルフスタイル。

私たちは、ひやぶっかけを食べたかったので「冷たいうどん小」をオーダーしました。

すると麺もキンキンに冷水で〆てあって、さらに器まで冷やしてある徹底ぶりに感激しました。

「ああああ!コレ、もしかして1番かも!!」

麺の美味さに感服shineそれもそのはず農林水産大臣賞を受賞した自慢の麺のようです。

1時間しか開店してないなんて勿体ないなぁ~と思いつつ会計をすると、

「200円ね」と言われ、また度肝を抜かれました。

こんなに旨いうどんが2人で200円って・・・安すぎだろう、いくらなんでもsweat01

そして、4軒目には前回訪れ我々の中で殿堂入りした名店うどんバカ一代へ。

Jvm1052

高松市内にあるので少し車を走らせる必要がありますが、どうしても食べたい一杯がある店です。

我々のイチオシは「ひやひや」

麺もダシも冷たいかけうどんのことです。

ここの店は、なんと言ってもうどんのコシがハンパないんですsign03

「何回食べてもやっぱりバカイチは最高じゃね!」

こんな美味しい麺は、もう発見できないと確信し今回もまた堂々の殿堂入りですflair

うどん4杯を平らげ、そろそろ限界が見えてきた我々。

次の店が今日の最後かな?と思いつつ、高松市内のうどん屋では前回も行った「竹清」に向かったのですが、定休日でもないのに閉まっていました(TwTlll)ガーン

仕方なく高松市内にあるうどん店をガイドブックで探し、向かった5軒目は馬渕製麺所。

Jvm1053

農林水産大臣賞を受賞した製麺所のうどん店です。

さぬきうどんの一番の魅力はコシ!だと思ってる我々には、ちょっと残念な柔らかめの麺でした。

ここの麺は、コシよりも喉越しの良さを重視したうどんです。

5杯のうどんを食べ、満腹で動けない状態になった我々は、予約しておいたホテルへ早々にチェックインし昼寝をしましたscissors

食っちゃ寝ってヤツです(笑)

長旅の疲れが出たのか、ちょっとのハズが20時過ぎまで寝てましたsweat01

ここまで遅くなると坂出付近のうどん屋さんはほとんど閉店しちゃってます・・・仕方なくホテルの食事処で夕食を済ませ楽しみにしていた温泉に浸かって、また寝ました(爆)

どんだけ疲れが出てるんだかsweat02

そして、もっと四国!さらにうどん満喫の旅行最終日につづく。

 

 

|

« 諸国漫遊記~芦屋&アクアオフ編 | トップページ | 諸国漫遊記~もっと四国!最終日編 »

コメント

一番乗り♪
何度見てもおいしそうです
特別盛り付けにこだわったわけでもなく
食をそそられます。
代金も200円とか言われると
おかわりーっといってしまいますね!

投稿: hirai_masayuki | 2008年11月15日 (土) 21:58

こんばんは。

お嫁さんの方は、はじめまして!ですね。
神戸から香川県って、3時間弱もかかるんですね。。
神戸は母親の実家があったのでなじみのある地なのですが、実はそれより先にはほとんど行ったことがありません。
それにしても長期旅行ですね、、、羨ましいです。しかもグルメだし。。
芦屋のハンバーガーに非常に惹かれます。。。ジュルルゥ。

投稿: ぴんく | 2008年11月16日 (日) 00:08

こんにちは。
5軒もお店いかれたのですね!スゴ!
いやいや本当に美味しそうですね。
香川県で一度だけ讃岐うどんを食べた事があるのですが
やはり本場は美味しいですね。
こちら大阪でも美味しい讃岐うどん屋さんが
あるのですが、むしょうに食べたくなる時があります。w

投稿: ben | 2008年11月16日 (日) 13:56

 こんちは!うどん、美味しそうですね~しかし、5軒も行かれるとは…ツワモノですね!でも、美味しいから意外といけちゃいそうですね~。
 ぜひ今度インテも、謎謎嫁さんの記事を参考に行って見たくなりました~ってか…今度来られたときについて行こうかな~(笑)
 ほんと、それにしても驚異的な走行距離な旅行ですね~!

投稿: インテ | 2008年11月16日 (日) 16:11

>hirai_masayukiさん
盛り付けとかに頼らなくても、美味しいものは、さりげなくしてても美味いんですよねheart04
それでいて1杯100円なんですよsign01
100円で買える幸せって今のご時世なかなかないですから、さらに感動しますscissors

>ぴんくさん
はじめまして(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
関東だと近畿より西って遠いですし、機会がないとなかなか行かないですよね~sign01
逆に私は広島出身なので、東京より北上する機会が今まで皆無でしたよ(北海道は別ですが^^;)
長期旅行というのは、なかなか出来ることではないので、今回、長期休暇が取れてアチコチ巡って欲張りすぎてしまいました^^;

>benさん
やっぱり大阪となると讃岐うどん屋さんがあるんですよね~!!
それが羨ましいっup
関東にも一応、讃岐うどん屋さんはありますが、ダシの味付けから違うのでアウトなんですよsweat02
つゆの味付けが関東風となると辛口になるんですよ。
関西特有のダシを効かしたつゆってのが非常に恋しくなります!

>インテさん
驚異的な走行距離です(苦笑)
うどん巡りをする予定だったので、どうしても車で行く必要がありました。
インテさん夫婦も美味しいもの大好きですから、絶対にうどん巡りするとハマると思いますgood
今度、一緒にうどん巡りオフってのが実現すると面白そうですねsign03
 

投稿: 謎謎嫁 | 2008年11月17日 (月) 00:15

すごーーーーーいっ!!
5杯って!!(゚ロ゚屮)屮私には絶対にムリです…。
でも、どのうどんもホントおいしそう。
私も一度四国のうどん食べに行ってみたいです。
色んなうどん屋さんを紹介してくれてるので…
私が行こう!と思った時には参考にさせていただきますね。

投稿: kanan.blue | 2008年11月23日 (日) 23:54

>kanan.blueさん
確かに、私たち夫婦はブラックホール並の胃袋で大食いですが、
きっとkanan.blueさんも5杯くらいペロリとイケちゃいますよheart
美味しいから不思議と食べられるんです!
私だって、讃岐うどんじゃなかったら5杯は無理です(笑)

投稿: 謎謎嫁 | 2008年11月26日 (水) 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/43117762

この記事へのトラックバック一覧です: 諸国漫遊記~もっと四国!再び編:

« 諸国漫遊記~芦屋&アクアオフ編 | トップページ | 諸国漫遊記~もっと四国!最終日編 »