« お父さんの夏野菜 | トップページ | 名刺作成 »

2008年9月13日 (土)

男はか弱い生物

今日は10時近くまで残業していました。

8月から産休に入った女性社員の仕事の約半分を乗せられて、さすがに仕事が回らなくなったのです。

そもそも人が一人居なくなるのは分かっていたことなので、それに対する人の手当が出来なかった上司が一番罪が重いとはおもいますが、そういう状況に追い込まれてしまったのは仕方ない。

やむなく、自分の立場と精神を保つために必死に仕事しています。

そんな中、今日は上司達が早々に帰宅し、溜まっていくのは不満とストレスばかりです。

しかし今日は珍しく病気がちの身体の弱い部直属の課長が遅くまで残って仕事をしていて、

「軽く食べて帰ろう」

と誘ってくれました。

4月においらの事を良くわかってくれた仲の良かった上司が転勤して以来、おいらはなかなか職場の人間に愚痴る機会が少なく、かなり溜まっていました。

おいらは今の自分の辛さを伝えるいいチャンスだと思いました。

部の今年の施策として上がっているものの一つに、おいらがやらなきゃ絶対達成できないものがあります。

その課長はその事でおいらにハッパをかけようと思ったのかもしれません。

しかし今のおいらにはまたとない機会だったのです。

誘いを受けておいらは直ぐに仕事を切り上げ二人でラーメン屋に行き、かなり色々話をしました。

正直少し救われました。

おいらが今どんなギリギリの状況で踏ん張っているかを伝えました。

何も変わらないかもしれません。

でも知って欲しい。

話しておきたい。

明日おいらが死んだとしても、大変だったと追い詰められていたと知ってくれている人が職場にいてくれるなら少しは報われます。

その間携帯は鳴りっぱなし。

鬼嫁からの「いつ帰ってくんの!?」コール。

当然の如く完全無視。

おいらがいかに追い詰められていて、帰りがけの突然の誘いがどれほどおいらを救うとしても、夕飯が無駄になることは許せない主婦の鏡。

電話に出てしまったら、おいらの気分は仕事モードからは一転してしまい、自分の気持ちを伝えきれなくなる。

そしておいらの愚痴を聞いてくれている人に対しても大変な失礼になる。

でもそんなことは鬼嫁には理解ってもらえない。

理解しようともしてくれない。

もしかしたら鬼嫁だけじゃなく、女性には分からないのかもしれない。

仕事をすることによって男は自分を保つ。

まわりに仕事を認められる、出世する、給料が増えることにより、自尊心を築いていく。

もしそれを奪われたら…

男はただの抜け殻に成り果ててしまうだろう。

結局、男はか弱い生き物なのです。

だから、あまりいじめるな。(『寄生獣』より)

|

« お父さんの夏野菜 | トップページ | 名刺作成 »

コメント

ふかい〜。

うちの場合は嫁からのコールでなくて
僕からの帰るメールなので
メールがなければ遅いと言うことになっています
(たぶん)

投稿: blacklayout | 2008年9月13日 (土) 00:20

こんばんは。
ちょっと真面目な話、
奥さんに帰宅時間を毎日記録してもらうことを
お奨めします。
本当に、万が一倒れたとしても、
それを証拠として、労災なり民事なり戦うことが出来るはずです。

明日は、きっちりオフモードに切り替えて
お互い楽しみましょうね♪

投稿: | 2008年9月13日 (土) 00:41

凄く凄く分かります・・・
だからあまり責めるなw

投稿: killer-pink | 2008年9月13日 (土) 03:00

必要な存在でもあり、悩まされる存在でもある
ミギーって事ですか。
しかしブログ上でこういう物言いしてしまうと
かなりへこたれてしまうのでは?
夫婦共々ご自愛してください。

投稿: ごん@五反田 | 2008年9月13日 (土) 11:54

>blacklayoutさん
先日はお疲れ様でした!
いいなぁ、ウチもそういう風に割り切ってくれれば・・・
でも帰るメールという時点で既に面倒臭かったりする(爆)

>Nさん
お疲れ様でした~^^
お会いできて嬉しかったです~heart
真面目な話、会社出た後寄り道することも多数あるので、帰宅時間チェックはあまり意味ないかもです(汗)
長崎出張の際にはご連絡しますね~^^

>killer-pinkさん
チャットではお世話になってますw
なんかこういう悩みを分かってくれる方がいることが心強いですよ~。
「男は耐えるべき」とか「女は弱い」とかいう前提で話されると、それは逆セクハラだとマジギレしたくなりますから(核爆)

>ごんさん
う~ん、そこまで深く考えなかったり。
最後の「あまりいじめるな」が言いたかっただけでw
ブログにこういう文章を書くことは賛否両論かもしれませんが、おいらの場合その時の素直な感情を残す手段としてイイと思ってます。
特に鬼嫁の場合過去の都合悪いことはかなりの確率で忘れてくれるので(苦笑)

投稿: 謎謎 | 2008年9月15日 (月) 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/42457609

この記事へのトラックバック一覧です: 男はか弱い生物:

« お父さんの夏野菜 | トップページ | 名刺作成 »