« サイパン旅行記① | トップページ | サイパン旅行記③ »

2008年7月14日 (月)

サイパン旅行記②

サイパン旅行記2日目から~嫁です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

旅行2日目は2008年7月7日、七夕で旦那の誕生日でしたbirthday

誕生日ですが、お祝いイベントの前に、どうしても行っておかないとならない場所がありました。

それは、先の戦争でのサイパンの激戦地を巡ること。

小さい頃から何度となくTVで目にしていたサイパンの海へ次々と身を投げる生々しい戦時中の映像・・・この映像が頭の隅にあって、今までサイパンにはリゾート気分で軽々しくは行けないと、ずっと避けてきました。

しかし、前々回に訪れたパラオも前回のグアムもサイパンと同じく激戦地で、どこへ行っても旧日本軍の激戦の爪痕があり、目の当たりにすると胸にこみ上げてくるものがありました。

今回、サイパンへ行くにあたり旦那とサイパンの辿ってきた歴史をちゃんと見て回ろうと決めていました。

旦那の誕生日にわざわざ戦跡巡りというのはミスマッチのようですが、奇しくも7月7日は、今から64年前サイパンでの戦いで追いつめられた日本の兵士や民間人約3000人が、米軍に「バンザイ突撃」と呼ばれる最後の総攻撃をかけて玉砕した日なのです。

だからこそ、7月7日に太平洋戦争時代の戦跡を巡るオプショナツルアー「ヒストリカルスニーカー」に参加しました。

Saipanda_12

まず向かった先は、サイパンの最北端の断崖、通称”バンザイクリフ”。

投降を拒んだ兵士や民間人らがバンザイと叫んで身を投じた崖です。

そんな悲劇の場所とは思えない程、静かで美しい紺碧の海と足のすくむような崖とは程遠い低い崖。

祖国を思い国を守るため一途に命を落としていった人たちは、どんな思いで64年前ここに立っていたのだろう・・・そう思うと今の自分がとても恥ずかしく申し訳なく感じました。

平和ボケした時代に生きる私たちは、ここで尊い命を捧げた人たちの上に成り立っているんだということを決して忘れてはならないと改めて思いました。

Saipanda_13

バンザイクリフの周りには、戦没者の霊を慰める多くの慰霊碑が建てられていました。

再びこのような悲劇が起こりませんように、祈りを込めて手を合わせました。

そして、次に向かった先はバナデロ。通称”ラスト・コマンド・ポスト”。

Saipanda_19

洞窟状の窪みをコンクリートで固めて造られたトーチカで、旧日本軍の最後の司令部跡です。

敷地内には、実際に戦闘で使用された戦車や高角砲、砲台などの残骸が設置されているのですが、迷彩柄にペイントされていて妙に違和感がありました。

天皇皇后両陛下がサイパンに訪れた際に、現地の人が気を遣ってペイントしたんだそうです。

旧日本軍の最後の激戦地だけあって、兵器類の惨状には本物ならではの迫力がありますが、よりによって迷彩柄にペイントとは・・・とても残念です。

Saipanda_17

司令部の内部にも入れるようになっていました。

内部は狭く、ひんやりと冷たく重苦しい場所でした。

トーチカの側面には直撃弾による大きな穴が開いており、戦闘の激しさが見て取れました。

Saipanda_16

↑司令部跡の北側には、中部太平洋戦没者の碑があり、その碑の真後ろにそびえ立つラデラン・バナデロ通称”スーサイドクリフ”。

バンザイクリフの悲劇と同じく、アメリカ兵の投降の呼びかけに応じるのは、祖国への背信であると次々に身を投げたという断崖です。

1年中でこの時期にしか咲かない南洋桜が綺麗に咲き誇り、ここも悲劇の場所とは思えない程の素晴らしい景観でした。

Saipanda_20

その他、アメリカメモリアルパーク(ハイアットの近くにあります)と

Saipanda_21

シュガーキングパーク(砂糖王公園) にも立ち寄り、DFSで解散となりました。

サイパンに来たなら、この歴史ツアーに参加するのをオススメします。

さて、旦那の誕生日イベントですが・・・

旦那の大好物を朝から晩まで、たらふく食べてお祝いとしましたrestaurant

Saipanda_8 Saipanda_7_2 

朝食は、ホテルの前にあるココナツ亭で刺身定食$7。

海外で美味しい味噌汁が食べらるって有り難いですね。

Saipanda_75 Saipanda_22

昼食は、ガラパン地区にあるカントリーハウスレストランで和風ハンバーグセット$9。

ここのハンバーグは、サイパンで食べた食事の中で一番美味しかったと言えます(最終日にも再び食べに訪れました)。

JTBツアーの特典コンチャカード提示でアイスティーがサービスされましたscissorsラッキー♪

Saipanda_47 Saipanda_28

夕食には、ハイアットリージェンシーホテルのキリカフェテラスにて、シーフードビュッフェ$35を食べました。

毎日違うテーマメニューでのビュッフェらしいのですが、ちょうど旦那の大好物のシーフードでした。

Saipanda_27

刺身にお寿司、生牡蠣など内容も盛りだくさんnote

オープンテラスではシーフードのバーベキューの実演もしていて、香りも味も楽しめました。

このビュッフェには、ビールも飲み放題となっており、バドワイザーを浴びるように(笑)

さらに、私は大好物の生牡蠣を食べたので腹下し予防のため白ワインも頂いちゃいましたwine

(この白ワインもJTBツアー特典コンチャカード提示でサービスされましたscissors

なかなかJTBツアーは使えますshine

 

サイパン3日目は、旦那が一番に楽しみにしていたエンジョイフィッシングへ行きますfish

つづく。

 

|

« サイパン旅行記① | トップページ | サイパン旅行記③ »

コメント

戦争の傷跡は思わず目を背けてしまいたくなってしまいますが・・・。
きちんと見ておかなくてはいけないんですよね。

旦那様、お誕生日だったんですね。
おめでとうございますnotes
誕生日に旅先で朝から晩まで好きなものをたらふく食べる・・・最高の贅沢ですねheart02

投稿: インテ嫁 | 2008年7月16日 (水) 00:02

>インテ嫁さん
旦那の誕生日に、いつも夏休みを取得するので・・・たいてい旦那の誕生日イベントは海外で過ごすことことが多いんですよflair
海外旅行してることが最大の誕生日祝いのような感じですnote
基本的に、サイパンでは旦那の食べたいものを毎日食べてましたよ(笑)
家では野菜ばっかりの生活なんで・・・旅行の時くらいはハメを外した食事を許していますcoldsweats01

投稿: 謎謎嫁 | 2008年7月18日 (金) 23:48

きちんと見なくては…と思いつつ、
私も沖縄で戦地を見る事は避けてしまってる
かもしれません…。
今度沖縄本島に行った時は行こうとは思っているんですが…。

旅先でお誕生日ってのはとても素敵ですねshine
やっぱり自分が生まれた特別な日ですもん。
旦那さまも喜んだでしょうねhappy01
バドワイザーを浴びるように!?
私も浴びたい…(笑)

投稿: kanan.blue | 2008年7月20日 (日) 19:11

>kanan.blueさん
私の沖縄デビューは本島で、観光の中にはバッチリ戦争を勉強して回るというのがありました。
やっぱりリゾート気分だけじゃ絶対にダメな気がしますよねsign01
旦那の誕生日は、いつも夏休み中なので・・・たいてい海外で過ごしています。
毎回、豪華な誕生日ですよね~sign01
そして、バドワイザーを浴びました(笑)
日本だと絶対に飲まないのに、サイパンで飲んでみると結構美味しくて驚きましたbeer

投稿: 謎謎嫁 | 2008年7月21日 (月) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/41829050

この記事へのトラックバック一覧です: サイパン旅行記②:

« サイパン旅行記① | トップページ | サイパン旅行記③ »