« 長寿自慢 | トップページ | ケンカ武勇伝 »

2008年4月19日 (土)

ブレイクポイント対処法の考察3

ちょっと間があいてしまいましたが、ブレイクポイント対処法の考察の続きです。

前回バクテリアが繁殖しやすい環境を無理やり作ったらどうなるだろうか?というところで、自分なりに考えて起こした対処法が以下の通りです。

 

まず、飼育水を高温にする。

おいらのエビ水槽の温度は普段22~23℃に保たれています。

エビにとってはかなり快適と思われますが、バクテリア繁殖にはちょっと低め。

そこで温度設定を24~25℃に上げてみました。

 

さらに酸素もたっぷりあった方がバクテリアにとっては良いハズ。

エアレーションは当然水流のある場所で、なおかつソイルにバクテリアを付着させることが目的なのですから、底から数箇所にわたってやるべきと考えました。

Cimg6289

そこで思いついたのが、このトグロエアーカーテン(笑)

こうすることによって、水流が底に向かう寸前に底から数箇所にわたってエアレーションする事を実現しました^^;

 

さらに、こういう方法は賛否両論だとは思いますが、「酸素の出る石」を数個ソイルの上に配置。

Cimg6297

水槽中に酸素を行き渡らせて、バクテリアの強制繁殖(?)を試みています。

 

もちろん換水は飼育水の4分の1程度を毎日行っています。

そしてB-4バクテリアを毎日極少量散布。
(これについてはおまじないみたいなモンだとご理解下さいw最強はやっぱり汚水ですww)

 

この形にしてから1週間程度経過しましたが、この数日☆になるエビはなくなりました。

そしてツマツマのスピードも上がって、エビは確実に活性化しています。

Cimg6308

やっぱりブレイクポイントもバクテリア次第なんだと確信。

この状態をしばらく保とうと考えています。

しかし今後についてもどうなるかは分かりません。

場合によってはまたレポートしたいと思います。

 

本来、ブレイクポイントが起こってからこう対処法をとるのは間違っているのかもしれません。

水槽立ち上げからこういう状態にしておけば、もしかしたら今回のブレイクポイントを迎えることなく犠牲も最小限に抑えることが出来たかも。

ちなみに今回のブレイクポイントで犠牲になったエビは既に20匹超・・・

中にはモスラや日の丸もいました(T^T)

 

いかにブレイクポイントを抑えるか・・・

おいらの今後のエビ飼育の課題ですね。

 

|

« 長寿自慢 | トップページ | ケンカ武勇伝 »

コメント

こんばんは。
今回の記事をみて、
やっぱりエアポンプによるエアレーションは必要だと思いました。
生体・バクテリアどちらにも
充分な酸素を送りたいですもんね。
(あ、水草にも^^;)

投稿: N | 2008年4月19日 (土) 22:18

吸着系のソイルってやはり吸着効果があるうちは
バクテリアは繁殖しにくいんでしょうか?
ブレイクポイントをいかに抑えるか・・・って事は
今後も吸着系に挑戦されるんですね。sun
エビ飼育、頑張りましょうgood

投稿: AJIAN | 2008年4月20日 (日) 04:05

エアレーションをたっぷりは、キットいい効果ありそうですね(゚ー゚*)
エアーカーテンは強力そう!
ユタもこれからリベンジなので、色々参考にさせていただきますね!
とりあえず、水作りはゆっくり気長にやっています(笑)
そろそろ、お魚を泳がせてみようかな~って感じです(´∀`*)

投稿: ユタ | 2008年4月20日 (日) 13:19

ブレイクポイントって僕が思うに
ゼオライトの副作用と思われるので
吸着したものが飽和状態になると放出し
亜硝酸値の急増?で調子を崩すんだと思います。
ですから謎謎さんの処置の方向性は
合ってるんだと僕は思います。
ただ、ブレイクポイントって
1回とは限らないから難しいですよね。
ブレイクポイントの抑え方。。。
う~~む ゼオライトそのものを
定期的に投入・交換及び再生とかも
有りではあるだろうけど
えらく面倒かかりそうです。
何がどう作用し、何が何に変わるとか
知識を持たないと厳しいですね。
僕のシワの無い脳味噌では無理です(苦笑)

モスラや日の丸の補充了解です。
ユタさんの分は、丹頂系とかで良いんですよね?(笑)

投稿: ごん | 2008年4月21日 (月) 22:45

レス返し遅くなってごめんなさい^^;

>Nさん
エアレーションってバクテリア繁殖のためにも必要なんですね~。
おいらも勉強になりました。
エアレーションしないと発生する油膜のバクテリア死骸説もこういうところから来てるのかな?

>AJIANさん
っていうか市場が吸着系のソイルばっかり売ってるじゃないですかw
理由としては今後もエビやるのに手に入れやすいのが吸着系ってことだけなんですけどね^^;
ちなみに吸着系はバクテリア付着がとーっても悪いそうです(汗)

>ユタさん
果たしておいらのやり方がいいかどうかは分かりませんが、少なくともマイナスの効果だけはないんじゃないかな?と思います。
是非参考になさってみて下さい。
やっぱりバクテリアは重要ですよん^^

>ごんさん
そうなんですよね・・・
次回のブレイクポイントがいつくるのか?
今も実はブレイクポイントの真っ最中じゃないのか?w
見極めが非常に難しいと思います・・・
この記事書いてからこのレスまで約1週間。
その間☆になったのが1匹現れました。
まだまだ油断は出来ない状況です・・・
補給は非常にありがたいのですが、もうちょっと待ってください(汗)
1匹たりとも無駄にしたくないので・・・^^;

投稿: 謎謎 | 2008年4月28日 (月) 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/40921370

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイクポイント対処法の考察3:

« 長寿自慢 | トップページ | ケンカ武勇伝 »