« ブレイクポイント対処法の考察1 | トップページ | 広島へ »

2008年4月15日 (火)

ブレイクポイント対処法の考察2

さて、前回の続きです。

まずおいらはエビ恩師のごんさんに相談しました。

「活性炭と大量換水かなぁ?でもバクテリアが一番でしょうね」

というお返事。

「汚水というスポンジ搾りたての生バクテリア水持って行きますよ(笑)」

ごんさんは早速汚水とブラックホールをプレゼントしてくれました。

Cimg6089

これがその汚水です(笑)

いやぁ、マジで真っ黒です^^;

そしてごんさんから追い討ち。

「自分だったら絶対入れないけどね」

おいおい、ごんさん・・・(滝汗)

しかし、溺れるものは藁をもつかむ!

Cimg6090

塩素を中和させたバケツの水に汚水を混ぜて・・・

Cimg6094

飼育水と換水!

換水した後の方が汚い!(爆笑)

Cimg6092

エビもビックリです(笑)

そしてこのまま一晩が過ぎ・・・

Cimg6095

なんと翌朝にはエビが舞っていましたhappy02

当然☆はゼロです。

この水の澄み具合・・・バクテリアってやっぱスゲー。

さらに翌日も☆になるエビはいませんでした。

エビも非常に元気になって一段落と思いました。

 

しかし、その翌日また☆が現れました。

その翌日も☆が・・・

つまり水槽内環境は一時的にしか改善されていなかったということになります。

 

そこで再度考えることにしました。

生きたバクテリアを投入すれば、一時期的に改善する。

つまりバクテリアが活性化すれば水槽環境も改善する。

そもそも吸着系のソイルはバクテリアが付着しにくいと言われています。

ということは無理やりにでもバクテリアが繁殖しやすい環境を作れば・・・?

早速環境改善に取り組むことにしました。

 

そして続きはまた次回です(笑)

 

|

« ブレイクポイント対処法の考察1 | トップページ | 広島へ »

コメント

むむむ~。
一体何を??

なんか、どっひゃ~!!的なことをしてそうな予感・・・(笑)

投稿: おまつ | 2008年4月16日 (水) 00:26

こんばんは。
底床がバクテリアの住処であることを、
再認識させられました。
水草水槽だと、コケるぐらいで済みますが、
エビ水槽だと、死活問題ですね^^;
吸着系ソイル。
これを使いこなすエビ使いな人たちって、
職人の域だと思います(笑)

今後ですが、
バクテリアの住処を投入するとか・・・?

あ、以前「水上葉畑のその後」の記事で、
名無しのコメントになってたのは、
自分でした。失礼いたしました~^^;

投稿: N | 2008年4月16日 (水) 01:21

スポンジを絞ったあの黒い汁、バクテリアの宝庫だったんですね・・・。
いつも吸水口につけてるスポンジを、牛の乳を搾るように洗いまくってますよw
バクテリアが定着する”何か”(ろ材等)をネットに入れて、ネットにモスを巻く、というのはどうでしょうか? coldsweats01
で、あまり目立たないように、後ろの方に置いておく、って感じで。
けど、本当はフィルター内の水が循環する場所がいいんですよね? coldsweats01

投稿: Magy | 2008年4月16日 (水) 13:04

自分だったら絶対入れないけどねってのは
個人個人の飼育法というか
選択股に加えられる範囲とかが違うから
良かれと思ってくれたが、使いたくないなぁ
と、思ってた場合、そう言ったから止めときました
と言えるからなんですよ(苦笑)
ただ、正直1日しかもたないとも思いませんでした(汗)
3日はもつかな?とは思ってましたが(笑)
僕の帰宅が規律正しい生活で
汚水配達を毎日出来る生活してたら
毎日持ってくのも苦ではないけど
どう考えても無理だったからね。。

ちなみにアクア経験全く無い知り合いに
吸着の2ではないアマゾニアと汚水で
3月23日に立ち上げ即えび投入でも
今現在★も無く抱卵もして育てられてます。

リアル職業は、クロス屋で職人ですが
吸着系は使いたくない職人です(をいっ)


嫌味やおだてるわけじゃなかったですが
毒をもって毒を制すも手は手だったんですよ。
でも症状出てからの改善策って
なんにしても確立されてないかな?
同じ様な環境でスタートしても
上手くいかないのがエビだったりもするし。
個々のスキル?や観察力によって違うから
一概に何をすればどうこうって言い難いです。
僕が謎謎さんみたいに近所だから言える事は
エビのサポートはするから
ソイル交換したほうが早期解決するって感じかな。

投稿: ごん | 2008年4月17日 (木) 01:08

バクテリアのパワーって凄いですね!
ごんさんって優しい~♪
続きが気になるんですが(笑)また次回に続いちゃった~(笑)

ユタは、前の水槽はどぅしようもなくなってリセットしました。
エビ飼育リベンジのため、ソイルの種類から変えました(゚ー゚*)
もう少ししたら、まずはお魚さんを泳がせて水作りをします(´∀`*)

投稿: ユタ | 2008年4月17日 (木) 07:42

>おまつさん
いえいえ、エビに対しては基本的に謙虚なので・・・(笑)
大したことはしてません。
っていうかおいらの対策って基本?(^^;
異動のご報告ありがとうございましたcatface

>Nさん
そうなんですよね~。
底面フィルターじゃなくても底床はバクテリアの住処。
デリケートなエビを飼うには、まずバクテリアを安定させるようにしなきゃならないんですね。
今までフィルターばかりに目が行ってましたが、今後は底床にも気を配らなきゃ^^;
名無しコメントは実はなんとなく分かってましたgood

>Magyさん
おいらもよくギュウギュウ絞っていましたw
結構目詰まり起こすんですよね^^;
でもエビ水槽ではやり過ぎないようにしようと心に誓いましたpunch
Nさんも書いてましたが、濾材を底に撒くってのはアリかも・・・

>ごんさん
毎度毎度お世話になってます^^;
対策が功を奏したのか、今日現在Ph6.3、アンモニア0と順調に立ち直りつつあります。
これでダメになったらもうリセットしかないと覚悟中w
今回はエビの避難場所がなかったため、早期立ち上げを考え、吸着系を使用しましたが、次回は、もっと余裕を持ってノーマルorノーマルと吸着のブレンドを使用してみたいと思います。
おそらく晩秋ぐらい?
その時はまた相談させてもらいますm(__)m
また汚水を懇願しそうww

>ユタさん
そうなんです。
ごんさんは超優しいので、おいらはいつも甘えてしまっています^^;
ソイルは何を使用してるんでしょうか?
またレポートお願いしますeye
次回エビお持ちする時においらの水槽が完全復活してたら、汚水もお持ちしますw
ユタさんの分のエビが少なくなっていますので、ユタさんからごんさんに懇願しておいてください(ぉぃ)

投稿: 謎謎 | 2008年4月21日 (月) 02:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/40892263

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイクポイント対処法の考察2:

« ブレイクポイント対処法の考察1 | トップページ | 広島へ »