« パラオ旅行記(その4) | トップページ | パラオ旅行記(最終夜) »

2007年7月14日 (土)

パラオ旅行記(その5)

3連休だと言うのに、旦那が休日出勤したので・・・またまた嫁です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

 

7月5日(木)、パラオ5日目から。

当初、パラオ最終日はホテルでのんびり過ごそうと考えていたのですが・・・

毎日ロックアイランドの海に出ていたら、「晴れたら海に出なきゃ勿体ない!」と思うようになり、急遽ツアーを申込みました。

RITCのレジャーフィッシングツアーです。

船でロックアイランドの沖に出て針と糸だけを使用するパラオスタイルの釣り&シュノーケリングを楽しむツアーです。

船酔いが心配な私は、酔い止め薬を飲んで勇んで出陣(笑)

今回の参加者は、私たちの他に新婚カップル1組と女性ひとりの計5名。

そしてツアーガイド&船長&助手は、日本語ペラペラのパラオ人。

約40分ほどクルージングをし、最初の釣りポイントで釣りを開始しました。

エサは、カツオの切り身とイカ。

針は1本、エサを付けた糸を海に垂らすだけ。

糸を垂らすと同時に、何と私にいきなりヒット!

78020005
<第1号のヒメジを釣り上げた私、後ろの人は船長>

やるじゃん、私!

なかなかの大物を釣り上げました。

誰よりも先に第1号を釣り上げ、超得意気になってしまいました(笑)

手釣りは、アタリの感触が弱いため、慣れるまで合わせが難しかったです。

ここのポイントでは、他の人たちにヒットは無く、ポイント移動をすることに。

すると、スコールが降り出し海がしけて船が激しく揺れ始めました。

むむむ・・・ヤバい(汗)

徐々に気分が悪くなり、我慢できる状況ではなくなり・・・すぐさま完全に酔ってしまいました(弱っ)

それでも私を除くみんなは、酔った様子もなく第2のポイントで釣りを再開。

P4070052

じゃ~ん!フエフキダイ!

Cimg3899

じゃじゃ~ん!バラフエダイ!

次々と、大物を釣り上げた旦那は、気分上々↑↑↑

最高潮の旦那とは正反対に私はますます超グロッキーに(泣)

みんなが楽しそうに大物を釣り上げるのを恨めしそうにただ見ているだけの私・・・

何のために高いツアー代金を払って来てるんだか(iДi)

その後、数回ポイントを移動しながら私以外のみんなは釣りを堪能していました。

旦那は結局、大物を5~6匹釣り上げ、他の参加者に「職人みたい!」と褒められていました(^^;

12時になってから、無人島(ガルメアウス島)に上陸して昼食タイム。

昼食は、ツアー会社が用意してくれた幕の内弁当と釣り上げた魚!

ガイドと船長が釣れた魚で刺身と焼き魚(BBQ)を作ってくれました。

Cimg3913
<フエフキダイと赤鯛の刺身>

刺身には生にんにくが散らしてあり、わさび醤油でいただくと・・・まるでカツオのたたきのようにサッパリとして美味しいかったです。

Cimg3914
<フエフキダイのBBQ>

無人島にあるBBQで焼いてくれたフエフキダイ・・・軽く炙ってあって中身はレア。

刺身で食べてもいいくらいの新鮮さだから許されるレアです!

1匹しか釣り上げなかった私ですが、一番むさぼるように食べてました(^^;

みんな遠慮しながら食べていたので・・・残したら勿体ないと思ったからですψ(`∇´)ψケケケ

贅沢な昼食を終え、出発までの時間を無人島のビーチでシュノーケリングしました。

Photo_16

小さな魚の群れと・・サメ、サメ、サメ!

このサメ、すごく温厚で手を差し伸べると逃げるくらい臆病。

でも、近くで見ると動きが早く鋭い目をしていて、ちょっと気味が悪かったです(苦笑)

午後から、2箇所のシュノーケルポイントに移動し、存分にシュノーケルを楽しみました。

 

まず1箇所目は、ガルメアウス島の向かいに浮かぶアントニオ猪木氏を名誉オーナーとするイノキアイランド。

沖合いには巨大シャコ貝が無数にあり、中には口が閉まらないくらいに肉厚に育った超ジャンボなシャコ貝もありました。

78010019_3   
<巨大シャコ貝と旦那、異色の水中世界w>

もちろん、キレイな珊瑚もあり、鮮やかな色の熱帯魚に目を奪われっぱなしでした。

78010006_1 
<珊瑚礁とデバスズメダイの群泳>

そして、滞在中、最後のシュノーケルポイントへ。

Photo_17
<水中写真の中での最高傑作>

旦那が潜って、珊瑚に大接近して撮った写真です。

78010007_2

最後のシュノーケルポイントに相応しく、珊瑚がとても綺麗で、

「日本に帰りたくない」という思いをさらに強くさせました。

いつまでも海の中を覗いていたいという名残惜しい気持ちでシュノーケルを終了。

そして、あっと言う間に最終夜に・・・(T^T)

次の最終夜でパラオ旅行記は完結です。

 

|

« パラオ旅行記(その4) | トップページ | パラオ旅行記(最終夜) »

コメント

こんばんは。
台風接近中だと思いますが、
ご主人帰ってきましたか?
充分気をつけて下さいね。

ところで、現地の海は、透明度が高いのか
水中写真、きれいに撮れていますね。
(思い出になるな~^^)
ボンベ無しで、潜ってあの体制でピース。
謎謎さん、クロウトですね^^

見てると、禁煙しようかな。
と、一瞬だけ思いました(笑)

投稿: オフィスN | 2007年7月15日 (日) 00:15

毎度毎度ご無沙汰ですみません(^▽^;)
5回目のハネムーン・・・羨ましい(T0T)
子供がいたら無理ですもん。
再婚とかって言ったらどうなのかな?とか思って見てました。
ウチの主人もマリンスポーツ好きなんです。まだ一度もやっている所を見たことないですが。
あまりの綺麗さについついパックツアーをチェックしちゃいました。
行けるはずもないのに(;´▽`A``

投稿: 華鈴 | 2007年7月15日 (日) 01:04

こんばんは
あれ、嫁ちゃん船酔いしてたはずなのに昼食しっかり食べれたのね。お見事o(^∇^)o
いやぁ、良いのう〜シュノーケル三昧。さぞかし奇麗だったのでしょう。はぁ〜出るのはため息ばかりなり。

投稿: fuutan | 2007年7月15日 (日) 12:21

>オフィスNさん
水中写真は、お褒め頂き有難うございます。
しかし、キレイに写ってるようで・・・実際目で見た美しさは、こんなものじゃなかったんですよ。
見たまんまを撮影できたらいいのに・・・。
旦那は、水深7~10mくらい簡単に潜りますよ。
珊瑚と魚を間近で見たいから必死です(笑)
私は泳げないので・・・浮かんでいるだけです。
それから禁煙応援しますから頑張ってください(←是非!)

>華鈴さん
パラオは、日本から4時間ちょっとなので、子連れ旅行者たくさんいましたよ!
グアムやパラオなら・・・私にも子供が出来たら連れて行けると思いました。
実際、どこへ行っても子連れ旅行者けっこう居ますよ。
そこまでして海外に行きたいと思うかどうかは個人の自由ですけど・・・子供が可哀想だなぁ~と見てて思います。

>fuutanさん
船の上では、超無口にグロッキーでしたが・・・無人島に上陸した途端、元気になってバクバク食べてました。
釣りもせず、食べるときにはちゃっかり参加してるって・・・図々しいみたいじゃないですか(笑)
パラオの海は、本当にきれいでしたよ。
また行って海の中覗いていたいです。

投稿: 謎謎嫁 | 2007年7月17日 (火) 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/15749321

この記事へのトラックバック一覧です: パラオ旅行記(その5):

« パラオ旅行記(その4) | トップページ | パラオ旅行記(最終夜) »