« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006年7月31日 (月)

タイ旅行のお土産

今日はタイからの帰国後はじめて兄夫婦に会ってきました。

兄夫婦は茅ヶ崎の実家の近くに住まいを構えており、会おうと思えばいつでも会えるのですが、仕事をしてるとなかなかそうもいきません。

今日、兄から電話があり「実家で一緒にメシを食おう」とのことだったので、お言葉に甘えて行って来ました。

そこで、渡しそびれていたお土産を持っていきました(^^)

Cimg1064

兄のトレードマークはペンギンなので、バンコクの水族館でペンギングッズを買いあさってきました(笑)

左上から、ガラス製のペンギンの置物。

右上、ペンギンの形をしたボールペン。

そして、ペンギンのキーホルダー。

ペンギン好きには堪らない(?)この品々。

残念ながら兄嫁のトレードマークのイルカは無かったので、この中から好きなものを選んでもらうという形にしました。

ホントは兄嫁の誕生日のプレゼントもあったのでイルカ中心にしたかったんですけどね・・・

そうそう、プレゼントと言えば、近々プレゼント企画をやろうと思います。

アクアグッズが中心ですけどね。

応募資格はブログを持っている方で、おいらのブログと相互リンク貼っている方、またはこれから貼ってくれる方、それと企画発表以前にコメントを2回以上していただいたことのある方を考えています(^^)(もちろん今日以降でもオッケー)

お互いにブログ上でコメント等でコミュニケーションをとっていけたら嬉しいので。

ただ、送料については・・・着払いってことにさせてくださいね(汗)

それでは企画発表を楽しみにしてて下さいね(^^)/

Banner_25 ←ランキング参加しています。
ありがとうございます。久々に一桁台復活です!
このまま頑張り続けますよ~!!(^-^)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月30日 (日)

不毛で満腹な休日

ご無沙汰してます、嫁です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

Pengin_2

今日は、待ちに待った休日。

まったり過ごすつもりで「皇帝ペンギン」をレンタルビデオで借りて夫婦で見た。

マイナス40度の南極大陸に暮らす皇帝ペンギンの姿を壮大なスケールでとらえたドキュメンタリー。

ブリザードの中、120日間絶食して、子供を育てる皇帝ペンギンの父親、100キロ離れた海にエサを求めて歩き続ける母親ペンギン。

ここで旦那と究極の選択、

「もし自分が皇帝ペンギンだったら父親と母親どっちがいい?」

結論、「どっちも嫌だ」

(理由:命を懸けてまで子育てしたくないから^^;)

・・・だから子供が出来ないんだろうか(;。;)

可愛い姿でペタペタ歩くペンギン、可愛いだけではなく、たくましく自然と戦っている。

ペンギンの辛抱強さ、たくましさ、本当に感動した。

ペンギンの姿に癒され、途中あまりの可愛さに発作を起こして旦那にまとわり付いて嫌がられたが、仲良く最後まで鑑賞した。

その後、何故か夫婦喧嘩をしてしまい、疲れて夜まで寝てしまった。

何をやってるんだ・・・せっかくの休日なのに(苦笑)

(それでも旦那はゴソゴソ水槽をいじっていたようですけど)

実は、夫婦喧嘩は3日連続の恒例行事になっていた。

お互い気に入らないことがあると相手にアタリ散らして、旦那が家を飛び出るほどの喧嘩を繰り広げる(^^;

ずいぶんと夫婦喧嘩は減ったが、最近はひとたび喧嘩が勃発すれば、鎮火するまで時間がかかる。

たいてい、私の陰湿な攻撃に耐えられなくなった旦那が家を飛び出さないと鎮火しない。

いつまで経っても熱い夫婦なのだ。

休日を無駄に過ごしたせいで夕飯は22時過ぎに!

ごはんを作る余力が無かったので、焼き肉を食べに行った。

お店の中は、若者で満席で、各テーブルは若者の活気で溢れていた。

特に賑やかな若者たちは、大声で歌を歌い大ハシャギのバカ騒ぎをしていた。

旦那と「あんな時代が懐かしいね、もう戻れないね・・・若い頃みたいに、ハジけて飲みたいな」

と若者たちを羨んだ。

年とともに、お酒を飲めば会社の愚痴ばかり・・・笑いなど無い、どちらかといえば暗い話にボヤキばかりだ。

バンコク旅行中にも、ツアーで一緒になった20代前半の女の子二人組みが始終「コンパや男の話」ばかりしてキャピキャピしているのが懐かしくも羨ましかった。

私も、つい最近まで「コンパや男の話」ばかりしていたのに・・・いつから友達と会えば「旦那の愚痴や生活の話」ばかりするようになったのだろうか。

年は取りたくないね(TwT。)

Yakiniku

ここの焼肉は、炭火焼きで美味しかった。

いろいろな種類のお肉を食べたが、一番美味しかったのが「焼きしゃぶ上カルビ!」

お肉を軽く炙り、チシャにくるんで食べる。

私にとって一番美味しい食べ方は、チシャに焼肉・キムチ・ナムル各種・ごはんを巻いて食べる。激うまΨ(゚∀゚ )Ψウマ---

焼肉を食べると美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまうのは昔からの悪い癖だ。

私は、小さい体で大食いなのだ。

焼肉の合間に食べた「石焼ユッケビビンバ」が非常に美味しかったので、一人前を平らげた後にもかかわらず調子に乗って「石焼チーズビビンバ」を追加注文してしまった。

はっきり言ってその時点で限界点はとうに超えていたのに・・・。

目の前に来てしまった石焼チーズビビンバ・・・

チーズが焦げる匂いが香ばしい・・・が私にとってはもはや拷問に近かった(苦笑)

チラッと旦那に助けを求めるため様子を見ると、旦那も既にカルビクッパを平らげた後で、K点を遥かに超えてテレマークを出していた(笑)

夫婦共々、調子に乗りすぎてしまったようだ。

そして私は家に帰った途端、胃が壊れた(|||△||| )

もう焼肉を腹一杯食べても平気な年齢じゃなくなったんだな。

あ~あ、年は取りたくない・・・(TwT。)2度目

しかし、旦那は私以上に食べているはずなのにケロっとしている。

一体どういう胃をしているんだろう。

一回毒を盛ってでも胃を壊してやれば痩せてくれるかな?(爆)

Banner_25 ←ランキング参加しています。
嫁からも応援お願いします。(。・ω・)ノ゙
 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

珊瑚礁の島の正体

タイ旅行記1(出発の巻)で登場したこの謎の珊瑚礁の島。

Cimg0787

Google Earthで探してみました。

台湾を過ぎたあたりだったような・・・という記憶だけを頼りに、島という島を見て探し当てました。

出来ることなら行ってみたいな・・・とまで考えていたんです。

凄く綺麗な海が見られるんじゃないかと期待したりして・・・

Pratas1_3   

はい。見比べて下さい。

間違いありませんよね?

確かにこの島ですよね?

ということで早速調べてみました。

この島”Pratas Island”は東沙島という珊瑚礁の島でした。

しかし、おそらくおいらはこの島に上陸することはそうそう出来ません。

まず、今現在この島には住人がおりません。

当然、宿泊施設もありません。

???でもちょっと待って?

飛行場が・・・滑走路があるじゃん!

アレは一体なんだよ!?

と思う方が大半だと思います。

はい、ごもっともです。

あの滑走路の正体は旧日本軍が作った軍用の滑走路だったのです。

今現在は台湾がこの島を支配しており、台湾の軍が駐屯しています。

しかし、中国の軍用船が近海に侵入したりと、あまり安全な場所ではないようで、外国人が足を踏み入れるどころか、台湾の一般人もここへ訪れることはまずないとのことです。

残念です。

どんなに素晴らしい海が見られるかと思ったのに・・・

海には外敵の侵入を防ぐため、金属があちらこちらに埋められていたりと観光って感じではないようです。

しかし、色々調べてみると「東沙島リゾート開発計画」というのもあるらしく、いつか行くことが出来るかもしれません。

老後の楽しみかな?(笑)

それまで、綺麗な珊瑚礁が残っていますように・・・

Banner_25 ←ランキング参加しています。
お陰様で随分ランクも復活してきました。目指せ一ケタ台!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

光量問題解決?

タイ旅行記を書いていたこの一週間、水槽に劇的な変化が起こっていました。

Cimg1038_1

これが帰国直後です。(約10日前)

Cimg1046

で、これが本日の水槽。

どうです?何か分かりますか?

はい。そうです。

バッサリトリミングしました。

どうも光量が足りないらしく、少々下の葉には「ヒゲコケがうっすら~」だったので、「お前等は死ね」って勢いで、葉を切りまくりました。

あと調子が悪かった、ラージ・パールグラスも続々と廃棄中。

これで、見えるコケの量はちょっと減ったはず。

継続して水換えを行って、コケ撲滅を目指します。

それと、写真では分かりにくいですが、大幅に変わったものがあります。

それは!?

光量です。

先日チャームさんでこんなもののセールがありました。

Cimg1060

2灯式の照明本体(8500K蛍光灯2本つき)が2,980円。

光量に悩んでたおいらはすぐさま飛びついてしまいました(笑)

夏なのでライトスタンドももちろん同時購入。

それでこの照明器具・・・良く見ると、おいらが今使用しているものと全く同じ型みたいです。

二つ並べると、水槽の上部を完全に覆いますね・・・

Cimg1056

密かに踊ってる奴等のコトは気にしないよーに(笑)

激しく明るくなった気がします。

水温の上昇も激しく早くなるんだろうなぁ・・・(汗)

Cimg1059

水面への映りこみ(^^)

アルミホイルが恥ずかしい(笑)

これでライトスタンドを使用してから見られなかったリシアの気泡が見られるかと思いきや・・・

気泡は今日も見られず・・・(-_-;ウーン

RB37(光合成促進ライト)をもう一本付けたほうがいいんでしょうか・・・

早く目立った効果が現れるといいなぁ(^-^)

これからに乞うご期待ですね。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
お陰様で随分ランクも復活してきました。目指せ一ケタ台!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

タイ旅行記8(旅行最終日)

はい、みなさんこんばんわ。

2006_071430088

タイのマクドナルドではドナルドがこーいうポーズをしています。

仏教国ならでは?

閑話休題。

タイ最終日、我々はどうやって時間をつぶすか考えていました。

ホテルのチェックアウトは正午。

ツアーの集合は午後7時。

あと約7時間・・・どうしよう?

観光なんてとんでもない!

我々はタイの暑さにやられまくっていたのです(^^;

おいらの出した答えはただ一つでした。

「水族館へ行こう」

水族館は暗くて涼しい。

絶好の時間つぶしだ。

なによりアクアリストの血が燃える(笑)

というわけで、この冬出来たばかりのショッピングモール、「サイアム・パラゴン」にある「サイアム・オーシャンワールド」へ!

現地へはホテルからタクシーで向かうことに。

「タクシーのボッタクリにあったら今度は日本語でまくしたててやる!」と気合を入れて乗ったのですが、さすがJWマリオット。我々の行く先を聞いた後、ちゃんとタクシーにメーターを使って行くように念をおしてくれました。

約10分の道のり。

料金は約40Bでした(笑)

サムイ島での500Bはいったいなんだったんだ・・・(怒)

タクシーの運ちゃんには50B渡し(おつりはもちろんチップ♪)、いざ、着きましたサイアム・パラゴン!

すごいデパートです。

多分日本国内のどのデパートよりも大きい気がする・・・(^^;

Cimg1008

ビルの地下にもぐっていくきます。

「サイアム・オーシャンワールド」入り口です!

Cimg1009

う~ん、涼しい(^^)

料金は・・・結構高いぞ。

一人450B。

オーシャンワールドってだけあって海洋生物が中心でした。

Cimg1010

しっぽで繋がり合うタツノオトシゴ。

Cimg1016

羽ばたくように泳ぐエイ。

赤い光はカメラオタクがピント合わせであてっぱなし。

他にも撮っている人いるんですけど~!?(メ-_-)凸

Cimg1035

クラゲ・・・いつまでも見てしまう(^^;

2006_071430061

カラフルなお魚たち。

これは淡水魚コーナーらしい。

フラッシュたきすぎか・・・目が光っちゃてる・・・

Cimg1011

こ、これはピラルク!?

淡水魚は基本的にでかい魚ばかり。

2006_0714300671

頭貫通(^^)

Cimg1036

中通れってか???

歯は柔らかい素材でした。

2006_071430079

車を一台まるまる水槽にしてありました。

どこかヨーロッパの方にもこんなのあったような・・・

2006_071430082

驚かした?ごめんね。

水族館全体を通して照明はやや暗め。

写真撮るにはちょっとキツいコンディションでした。

展示には色々趣向をこらしてあって、淡水の場所では滝を作ったりして熱帯雨林の雰囲気を出していました。

めちゃくちゃでかい水中トンネルもありました。

たっぷり2時間はいたかな。

堪能できました(^^)

その後サイアム・パラゴンのフードコートで遅めの昼食をとる。

2006_071430087

これは、屋台が集まったような感じで、屋台よりはバツグンに清潔感がある。

値段もとってもリーズナブル♪

2006_071430084

このワンタン入りラーメン一杯100B!

注文はちょっと苦労しましたが、味はとっても美味!

もっとこういうところへ来ておけば良かった!

と・・・ちょっと後悔。(後でさらに後悔)

そして、集合場所であるホテルに戻るが・・・まだ時間はある。

帰国する前に、タイマッサージもう1回受けたい!

ということで「もう、マッサージは受けんでいい」という鬼嫁とは別行動をとることにする。

ホテルの目の前にあるショッピングモールで鬼嫁は買い物、おいらはタイマッサージを受けました。

なんと1時間300Bという安さ。

ここでは、ぼったくりはなくきっちり1時間丁寧に力強くマッサージしてくれました。

あっという間に1時間(;_;)

もう1時間追加でしたいけど、鬼嫁が怒るだろうからと恐る恐る待ち合わせ場所へ向かう。

鬼嫁は極端に臆病者なので、バンコク市内(に限りませんが)を一人歩き出来ないのです。

おいらがマッサージ受けてる間くらい、自分で時間を潰せるようならこちらも安心しておけるのですが、きっと「海外でほっとかれた(`Д´)」と機嫌を悪くされるのがオチ(苦笑)

鬼嫁が機嫌を損ねるのだけは避けなければ、後々面倒なのである(^^;

同ショッピングモール内のハーゲンダッツでお茶をして鬼嫁の機嫌を伺うおいら・・・我ながら大変です・・・(泣)

そうこうしているうちに、19時となり空港へ。

フライトまでの時間、空港の免税店でお土産を買いまくりました。

ギリギリまで粘ったせいでおいらも鬼嫁も両手いっぱいの買い物袋を持ち、搭乗口までダッシュするハメに(笑)

最後の最後まで忙しい旅行となりました。

帰りの飛行機は相変わらず台風の影響で凄い揺れ・・・((゚-゚;)))グラグラ

一睡もせずに帰国となりました。

これでタイ旅行記は終わりです。

読んでくださった方々、ありがとうございましたm(__)m

サムイ島での優雅なリゾート、バンコクでの観光三昧、美味しいタイ料理、今年の夏休みはなかなかいいバカンスとなりました。

次は・・・どこに行こう?(笑)

P.S

日本に着いてから腹を下し始めました・・・

きっとフードコートが原因のような気がします・・・(後悔)

Banner_25 ←ランキング参加しています。
お陰様で随分ランクも復活してきました。目指せ一ケタ台!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

タイ旅行記7(世界遺産アユタヤへ)

世界遺産のアユタヤはタイの古都です。

バンコクの北約80kmに位置し、川の中州、大きな島にあります。

バンコクから車で約1時間。

悪路に揺られ、酔いそうな方もたくさんいました。

まず到着したのが、ワット・ヤイ・チャイモンコン。

アユタヤ1と言われる、美しい仏塔を持つ寺です。

Cimg0974

後ろに見えるのがその仏塔ですが・・・

おいらはこの寝釈迦像の顔が気になって仕方ありませんでした。

笑わそうとしているんでしょうか(^^;

2006_071430015

塔の周りには何十体もの仏座像が並び、壮観の一言。

塔にも登れるのですが・・・朝九時にしてすでに汗だくのおいらは登る気になれませんでした(苦笑)

その後、ちょっと移動して一休憩。

すると・・・我々の目前に何体ものパオーンが!

2006_071430027

うひぃぃ!大コーフンです!!

ちょっと臭いけど。

「乗レマスヨ~」

マ・・・マジですか!?

そりゃいくしかないでしょう!!

2006_071430020

というわけで、アユタヤ・エレファント・パレスで象に乗り、アユタヤの遺跡をノシノシ揺られながら散策することに。

20分で一人200B。

こんな金なら惜しくない!(笑)

しかし乗ってみると想像以上の高さに、夫婦でおののいてしまいました。

2006_0714300231

象の上から・・・

め・・・目線が高い!!

ここは、秋篠宮皇太子ご家族やV6の森田剛が来園したと写真が張り出してありました。

わざわざ写真貼らなくても・・・別にどうでもいいんだけどね・・・(苦笑)

その後ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットへ。

2006_071430041

ここには、タイ最大の19mにもなる黄金の仏像が置かれている(写真なし)

そして、アユタヤの絶景ポイントのひとつワット・プラ・シー・サンペット。

ここにはスリランカ様式の3基の仏塔がそびえます。

ビルマ軍のアユタヤ陥落の際に破壊の限りをつくされた寺院の仏塔が痛々しく残っています。

Cimg0988

最重要遺跡ワット・プラ・マハタートへ・・・

ブッダの遺骨が納められていたという寺院も、ビルマ軍の攻撃。そして度重なる盗掘に完全に崩壊していました。

仏像と言う仏像の首が切り落とされており、なんとも無残。

Cimg0996

破壊を免れた仏像と仏塔。

そんな中、木の根に取り込まれながら奇跡的に残った仏像の頭がコレ。

2006_0714300421

トンポといわれる神聖な木に守られていたということで、「奇跡の仏頭」としてアユタヤのイメージとなっているらしい。

アユタヤはこれでもうお腹一杯。

と思ったら・・・日本人町跡に連れて行かれる。

ここはかの山田長政が滞在した場所と言うことで見てみるが・・・

記念の石碑が残るのみ。

最近作られた「山田長政の像」を売り物にした土産物屋に連れて行かれ、おいら的には「山田長政」を冒涜してる!と感じ、何も買わずに車の中で待機(苦笑)

そして最後のとどめ、タイ滞在中「最大の試練」であった、バーン・パイン離宮へ。

ここはタイの王様の別荘とのことですが・・・

敷地内が異様に広い!

日影が無い!

地獄の暑さ!

2006_0714300511

というわけで、出てくるのはボヤキばかり・・・(苦笑)

頭も朦朧としていてほとんど写真が残っていませんでした(;_;)

帰りはバンコクまでチャオプラヤー川をクルージング。

しかし・・・アユタヤまでバンコクから車で1時間ですが、船だと4時間近くかかります。

4時間もの間、船の中で何をしろと?

でも、船の中はクーラーが効いていて本当に快適でした。

船内ではタイ料理のランチビュフェの昼食と食後のお茶付きで、アユタヤの灼熱地獄で疲れた我々は、いいお昼寝タイムでした。

Cimg0997

バンコクは雨季のため、川はよどんで汚い色。

クルージングって雰囲気じゃないですね(^^;

Cimg1003

船から眺める「暁の寺」

4時間後バンコクに到着。

もう夕方です。

夕食どうしよう・・・毎日タイ料理ばかり食べていたので、さすがのおいらも飽きてたのです(苦笑)

ホテル周りをあちらこちら散策して、食べたいと思うものを食すことにしました。

とはいえ、何も分からないバンコク市内。

結局ホテルの目の前にあるショッピングモールのジャパニーズフードレストラン「れんがやろばた」で日本料理を食べることにしました。

2006_071430055

やっぱり日本食が恋しくなったのね(笑)

おいらは、天丼セット、鬼嫁は、カツ煮膳をそれぞれ注文。

日本料理店なのに、アサヒスーパドライが品切れという、けしからん店でした。

こともあろうかタイのビールまでも品切れで、仕方なくハイネケンを飲む。

料理は・・・海外で日本料理を食べて、たいていガッカリする、まさにそれでした。

だいたいの場合「醤油が美味しくないから」とか「味付けが微妙に違うから」とかいう理由でガッカリするのだが、ここのお店は、調理法がなっていませんでした。

天ぷらは、油を吸い放題のギトギトベッタベタ・・・超オイリーな味わい(泣)

まぁ~こんなものか、お店のタイ人の従業員が頑張って日本語喋ってたのが唯一の救い(^^;

夜中は胃がもたれまくりました(T_T)

さあ、アクアな皆さんお待たせしました(?)

明日は帰国ですが、フライトは夜中なのでバンコク市内の水族館へ行ってみる事にします。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
お陰様で随分ランクも復活してきました。目指せ一ケタ台!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

タイ旅行記6(バンコクのホテル)

バンコク初日の夕食は、タイの宮廷料理&タイ古典舞踊ディナーショーでした。

「サワディー」というお店で、お客は日本人ばかり。

なんか雰囲気無くすなぁ・・・

Cimg0965

タイの舞踊は、感情を直接でなく、繊細な美しい指の動きとしなやかな身のこなしで表現していて、ストーリー仕立てになっている。

中には笑いの場面もあり見ていて楽しかった。

Cimg0964

しかし肝心の料理は、タイ宮廷料理のカントークであったのだが、正直イマイチでした(苦笑)

メインが古典舞踊だから、こんなものか・・・

少しガッカリしてホテルへ。

Cimg1006

やっと!22時過ぎ頃に、バンコクでのホテルJWマリオットホテルバンコクに到着。

サムイ島で泊まったホテルもマリオットグループのホテルだったが、このホテルは、マリオットグループの中でも高級であることを示すJWが冠されているだけあって、セキュリティーも格調もかなり高かった。

Cimg1007
雰囲気のいいロビーでは、ピアノの生演奏をしていました。

ちなみに本当は撮影禁止。

これを撮った後メン・イン・ブラックみたいな黒スーツの耳にコードつけたおじさんに注意されました(^^;

2006_071430002

部屋は、Lグレードに相応しく広くて綺麗。

さすがに天蓋は付いていませんでしたけどね(笑)

ウエルカムフルーツはランブータンとバナナとミカン。

ベットの上・・・枕が6つ。

こんな大きなベッドで毎日寝たい!

しかし、こんな大きなベッドなのに、夫婦共々端っこと端っこで寝ていました(^^;

貧乏生活が身に染み付いているのね・・・(泣)

朝食はやっぱりビュッフェでしたが、これが最高!

世界各国の料理がそろえてあり、日本食もありました。

寿司、味噌汁・・・

腹一杯食べて出かける準備。

2006_071430057

朝のホテルからの眺め、スクンビット通り。

ホテルの目の前がスカイトレインのNana駅。

歓楽街「Nana Entertainment Plaza」も目の前にあり、夜はかなり賑やかな感じでした。

この歓楽街には「ゴーゴーパブ」といういわゆる売春酒場があって、営業時間中に行くとカウンターの上で水着を着た値札の付いた女性が踊っているという(^^;

う~ん、一回見てみたい気もするけど・・・

遠目にもあまり安全な雰囲気じゃなさそうです。

ということで、最終日の夕方(営業時間前)にちょっと潜入した写真を・・・

Cimg1037

すげ~怖かった(;_;)

少なくとも「まとも」と呼べる人達は見かけなかった・・・

凄い汚いし・・・

あそこで女買う方の気が知れない・・・

タイ滞在はあと2日。

今日はこれからアユタヤ遺跡に行くことになっています。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
お陰様です。随分ランクも復活してきました。目指せ一ケタ台!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

タイ旅行記5(バンコク初日)

早朝6時集合という地獄のようなスケジュールで我々はサムイ島を後にしバンコクに降り立ちました。

全く、サムイ島の余韻も何もあったもんじゃない!

1時間でバンコクに着くというのに!

さてバンコクは・・・まず感じたのが「とにかく暑い!」ということ。

気温も湿度も激しく不快です(苦笑)

バンコクではまず市内観光をするプランでした。

しかし案内人はタイ人ツアーガイド。

「ワタシ日本語ヘタネ」

とご自身でも認める方で(苦笑)、たまに何言ってるか分からないという感じでした(^^;

まず連れて行かれたのが、ワット・ポー。

巨大な寝釈迦仏がある有名な寺である。

Cimg0926

じゃん!

Cimg0930

じゃじゃじゃん!

う~ん、でかい!!

とにかくでかくてキンキラキン!☆

全長なんと46m!

きらびやかというより悪趣味・・・いやなんでもありません(汗)

こういう寝釈迦の前ではハゲで隻眼のムエタイの帝王と闘うのがデフォかと思っていましたが、残念ながらそんなあやしい人物は見当たりませんでした(謎)

っていうか裸じゃ中に入れないし(笑)

この後、イカの干物とかが無造作に陳列してあるめちゃくちゃ臭くてハエだらけの商店街を通り抜け、船で川を渡り暁の寺へ。

Cimg0934

この寺院はおいらが今回の旅行で一番美しいと感じた建造物でした。

このモザイクのような仏塔。

本当に綺麗でした。

ここで鬼嫁ちょっと気がふれる。

なんとタイの民族衣装コスプレに大挑戦!

Cimg0937_2

見てください!

このバカッぷり!!(´Д`) =3ハァー

おいらは荷物持ち&カメラマン。

日影もない中、汗だくで鬼嫁の艶姿を撮り続けました(泣)

はい、お疲れ様でした。

ちなみに5分程度で200B。

結構高いぞ、おいコラ。

この後、エメラルド寺院へ向かいましたが、ココでちょっと問題が・・・

エメラルド寺院には王宮があり、タイで「だらしない」「はしたない」と考えられている肌や体の線を露出する服装では入場禁止なのだ。

この日のおいらは膝下までの短めのパンツでした(^^;

「コレジャチョットダメカモネ~」とガイド。

ココまで来て何も見ないで帰るのはさすがに心外です。

しかし、強行突破するにも機関銃を持った(マジ)迷彩服のお兄さんが見張っています(滝汗)

むむむ・・・ここはいたしかたあるまい!とりゃ~!!

おいらはやむなく必殺技を使用することにしました。

その必殺技とは・・・っ!?

超ローライズ!超腰パン!!(爆笑)

腰骨のはるかに下でベルトを締め、上はポロシャツを目いっぱい下に伸ばして、超短足男を見事に演出!

この夏一番のビューテホーファッションで入り口を無事通り抜けました(笑)

この寺もとにかくキンキラキン。

カースト制度の象徴です(苦笑)

Cimg0950

ここには3種類の仏塔が存在し、手前からスリランカ様式、タイ様式、カンボジア様式の仏塔が自らの存在感を競って大アピール。

Cimg0954 

エメラルド寺院の名前の由来となっているエメラルド色の仏像。

ヒスイで出来ているらしい。

建物の中では写真撮影禁止なので、外から光学ズームで撮りましたがこれが限界(^^;

Cimg0961

時間が無くて王宮の前は通り過ぎただけ・・・

観光ならもっと時間くれよ~!

結局午前中で、バンコクの3大観光を終え、ツインタワーというホテルのランチビュフェへ。

ここでは、タイ料理の他に日本料理もあり、ビールを飲みながら気分良く昼食をいただけました(写真なし)

満腹になったところで一気に眠気が襲ってきました。

我々、もうバンコク満腹ですけど・・・まだホテルに行けないのですか?

というオーラーを出しまくっていたのに、無理やり免税店やら宝石工場直営店やらタイシルクのお店などに連れて行かれてしまった。

こんな所に連れてくるならさっきの寺院にもっと長居させてくれ!(怒)

どのお店に連れて行かれても買い物する気なんてさらさらない我々は、ガイドに「ユックリ見テクダサイ」と言われようと、あっという間にお店から出てしまう。

唯一長居した宝石店も、中に水槽がたくさんあって、タイ人のセールストークには完全に耳を塞ぎながら水景を見ていたからだった(笑)

ツアー会社的には、全く金にならないお客である。

買い物の時間をあまりにも短縮し過ぎて時間を持て余したお陰で、ガイドの時間つぶしが出来なかったらしく、タイ古式マッサージへ連れて行ってもらえた。

おいらは、マッサージが大好きなのです。

鬼嫁は、「マッサージ嫌だ」と駄々をこねていましたが、そのお店に「スパ&エステ」があると知り目を爛々させ鼻息も荒くノリノリになったので、夫婦仲良く個室でマッサージとスパを受けることができました(苦笑)

おいらは、タイ古式マッサージ(タイガーバームオイルのマッサージ付き)850B。

鬼嫁は、ハニー&ローヤルタイハーバーオイルのスパ&タイマッサージ2000B(!!)w(゚O゚;)wワオッ

極楽タイムスタート。

・・・と思ったら・・・個室にこだまする鬼嫁の悲鳴・・・本当にうるさい。

というのもタイマッサージは、少々痛いのである。

おいら的には「もっとキツクして~!」という位に快感で、旅の疲れを癒す最適の休息になりました。

マジ寝しちゃいましたもん(笑)

その後、タイマッサージを2時間(と言ってもマッサージ時間は実質1時間程度。ボッタクリです)も受けたので、すっかり18時過ぎとなりホテルのチェックインもせずに夕食へ向かうこととなりました。

この日の夕食はタイの宮廷料理&タイ古典舞踊ディナーショーなのですが・・・

それはまた明日にします。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年7月20日 (木)

タイ旅行記4(サムイ島最後の晩餐)

ホテルのレストランで日本と変わらない値段の食事を続けるのに疑問を覚えた我々は、サムイ島で一番の繁華街であるチャウエンビーチへ行って食事をとることにしました。

ホテルからは車で10分ほどとのこと。

ホテルとチャウエンビーチを往復しているホテル専用のシャトルバスもあるので、往きはそれを利用し、帰りはタクシーで帰る予定を立てました。

しかし、タイのタクシーは「観光客相手にボッタくりをするし、英語は話せない」とガイドブックに載っていました。

一応念のために、ホテルのフロントに出向き「ここのホテルの住所をタイ語で書いてください」

さらには「チャウエンビーチからホテルまでの道案内を簡単にタイ語で書いてください」と英語で一生懸命頼んでみた。

簡単な英語なら意思疎通が可能であるのに、ちょっと込み入ったお願いをすると、お互い通じ合えなくなり困り果てていると・・・

そこへ、フロントにいた別の女性従業員が

「えっと、住所ですか?」

と日本語で話しかけてくれました。

ええぇぇ!?ニッポンゴデスカッ!?

あまりのことに声を上げて驚いてしまいました(^^;

このホテルには日本語の出来る従業員はいないと言われていたからです。

(当初は英語まで通じないという情報だった)

おいおい、日本語の出来る従業員いるんじゃん!!

なら初めから、この人に頼めばよかった!っと思いつつ久しぶりに日本語で会話ができた喜びに感激しました。

この従業員の日本語がとても上手だったので、この際といろいろな質問をし、たくさんの情報を得ることができました。

チャウエンビーチからホテルまでタクシーで300B~400Bであることなど。

このホテルはタクシードライバーならたいてい知っているということ。

さらに住所の明記されたカードまでくれました。

すっかり安心してシャトルバスに乗ってチャウエンビーチへ向かう。

しかしシャトルバスから降ろされた場所は街外れ。

「もっと分かりやすい場所に降ろさんかい!!」

って通じないけど・・・(苦笑)

少し途方に暮れながらも地図を見ながら繁華街の方へ歩いてみることにしました。

せまい道。

粗い舗装。

排気ガス。

喧騒。

生ゴミの臭い・・・

今までホテルの中にしか居なかった我々は、いきなりタイらしい風景を目の当たりにし、早速怖気づいてしまいました。

写真撮る余裕なんてなかったです(汗)(ビデオはなんとか回してましたが・・・)

暑さと異様な匂いに、「何で、ホテルから出てしまったんだろう」という後悔に苛まれ、夫婦共々テンションが一気に急降下。

ガイドブックで目星を付けていた「日本人が経営する日本料理店」を探し当てましたが、汚い道路沿いに面したクーラーも無いような、ぱっと見大衆食堂で、その店を見た途端鬼嫁は「こんなとこで食べとうないわ!」と一気に機嫌を悪くしてしまいました(^^;

仕方なく鬼嫁が当初目星を付けていた人気レストランを探すため、ビーチへ向かう。

チャウエンビーチは、サムイ島で最も人気があるビーチだけあって、海も美しくビーチも観光客で賑わっていました。

2006_071200821

おいらは「アイムジャパニーズ」と大主張するように甚平を着てましたが、さすがにタイはアジアだけあってあまり違和感ありませんでした(笑)

去年行ったオーストラリアでは浮きまくったのに・・・(笑)

ガイドブックによると、

「そのビーチの中で最も雰囲気が良く、かつ、最も海に近いレストランのひとつで、夜には行列が出来るほどの人気店」

という評判の「ポピーズ」へ予約もなしにいきなり行ってみました。

問題はこのレストランはドレスコードがあり、おいらの格好は甚平だということ(笑)

「もし入店拒否されたらどうしよう?」

「そん時は、イッツジャパニーズフォーマル!!って主張しよう(爆笑)」

という危ない会話を交わしながら入店。

Cimg0903

しかし、そんな心配をよそに、意外にもすんなり入ることができました。

まだちょっと早い時間だったので席はガラガラ。

評判通り、目の前が海で最高のロケーション、ムード満点・・・。

暗くなるとこんな感じに。

Cimg0919_1

鬼嫁もすっかり機嫌を直し、楽しい夕食となりました。

シーフードカントークというタイ料理を注文。

カントークとは膳の上におかずが少しずつ並べられた料理のことらしい。

このレストランのカントークは5種類のおかずとご飯でした。

Cimg0910

いろいろなタイ料理を食べれて本当に満足しました。

特にタイカレーが絶妙に甘くて辛い!!

癖になりそうです。

ここでもやっぱりビールを注文。

ごちそうさまでした。

・・・支払いを見て愕然・・・

なんと2500B!!∑( ̄Д ̄;)

・・・ホテルで食べるより高いじゃん(|||▽||| )

どうやらホテルよりも高級なレストランで食事をしてしまったらしい・・・(^^;

あはは・・・何のためにチャウエンビーチまで足を伸ばして食事をしたのでしょうか。

「あは!でも美味しかったね♪」と鬼嫁は我関せずとばかりに超ご満悦。

やり場のない気持ちを抑え、タクシー乗ってササッとホテルへ戻ることにしました。

道を歩けばタクシーがクラクションを鳴らしまくり「乗っていく?」と言わんばかり。

タイのタクシーには、メーター式と値段交渉式の2種類があります。

もちろんタイ語の全く出来ない我々は値段交渉タクシーなど乗りたくない、ボッタくられるのがオチです。

そこで、わざわざメータータクシーを捕まえて乗りました。

しかしタクシーの運ちゃんにいきなり「ホテルまでは500B」という値段表を見せられました。

不審に思い「メーターは?」とジェスチャーするも「ノーメーター」と取り合ってもくれない。

運転手の脇には確かにメーターがあるにもかかわらず!

さすがにコレには言葉を失ってしまった。

本来なら、タクシーから降りても良かったのだが、疲れていたこともあり、英語も通じないタイ人相手に喧嘩する元気もなかったので、

「たかが500B(日本円で約1600円くらい)、まぁいいか」

と諦めてしまいました。

どのタクシーに乗っても、どうせ同じようなものだろうと思いましたし。

ホテルの従業員の話だと300B~400Bが相場という話だった。←この値段でさえボッタクリです(苦笑)

タイのタクシーは初乗り35B。

たかが10分の距離だ。

普通に考えれば100Bもしないんじゃ?

相当にボッタくられていることになる。

こういうことで観光客が抱くタイ人のイメージが悪くなるのに・・・タイ政府はもっとタクシー制度をしっかり確立すべきだ。

タイのタクシーは運転免許さえ持っていれば誰でもできるらしく、一般人がタクシー会社に車を借りて走っているらしい。

そりゃ、会社の看板背負ってないのと同じなら・・・悪い奴も出やすいよなぁ。

たったの500Bとは言え、このことによりタイ人全てを疑うようになってしまった。

結果、ホテルよりも高い食事代と、大幅にボッタくられたタクシー代とで「大人しくホテルで食事しとけば嫌な思いもしなかったね」という、しおしおな結末となってしまったのである(涙)

今思えば、これがサムイ島最後の晩餐。

おそまつでしたなぁ(^^;

結局3泊4日のサムイ島は、一気に時が過ぎ全くのんびり出来ませんでした。

もっとサムイ島滞在を長くしておけば良かったと後悔しつつ(でもそんなことは経済的に無理なのですが(苦笑))、明日からバンコク2泊3日が始まります。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

タイ旅行記3(サムイ島でののんびり生活編)

タイは水が危険とよく言います。

まず水道水は飲めません。

シャワーを浴びてみると飲めないのが良く分かります。

独特の臭いがします。

特にアクアリストの皆さんには嗅ぎ慣れた臭いがします。

そう飼育水・・・それも結構コケた水槽の飼育水の臭いがするのです(苦笑)

こりゃ飲めません(^^;

エーハイムクラシックで慣れている方々も挑戦しないようにして下さいね(爆)

さて、前回ちょっとはしょりましたけど、朝食はビュッフェバイキングでした。

そこでおいらが飛びついたのはコイツでした。

Cimg0897

水曜どうでしょうファンにはお馴染み!「お尻がランブータン」のランブータンです。

ライチのような食感の南国フルーツで、非常にみずみずしく甘酸っぱい!

食べ出したら止まりませんでした(笑)

Cimg0900
食べ過ぎて山になったランブータンの殻(^^;

もし南国に行く機会があったら是非いただいてみて下さい。

絶品でした(^^)

2日目のお昼はツアー会社が用意してくれたタイ料理のコースを食べに行きました。

Cimg0821

オープンテラスのお店で、いかにも現地の店という感じ。

冷房はありませんでした。

Cimg0815

目の前にはビーチが広がります。

潮の干満が激しく、このように干潟が見えます。

ここで食べたタイ料理は全5品、全て美味しかったです。タイ料理がこんなにも馴染みやすいのは中華っぽいからなのか、どれも日本人好みです。

Cimg0809

飲み物はやっぱりビール!

はじめてタイのビールをいただきました。

左側は「クロスター」、タイの中では高級とされるブランドです。

右側はタイでの定番ビール「シンハー」。

どちらも非常に美味しいビールでした。

店で飲むと100B~150Bぐらいかかりますが、シンハーにいたってはコンビニで買えば一缶(350ml)30B程度で飲めます。

実はヴォルビックやエビアンのような外国産ミネラルウォーターより安い(苦笑)

とにかくタイは暑い国なので、ビールがうまい!水より安いのだからと毎食ビールを飲んでいました。

Cimg0816

どこで食べても美味しかった野菜炒め「パッ・グン・ソ」。

Cimg0817

タイ風さつま揚げ「トート・マン・プラー」。

Cimg0820

タイ風スープ「ケーン・チュー」?塩味でさっぱりしていました。

Cimg0818

タイ風チャーハン「カオ・パッ」。これもどこで食べても美味しかった。

お腹いっぱい大満足の昼食を終え、ホテルへ帰還しました。

ホテルの部屋では、昼寝をしたりプールで水浴びしたり、ビーチに出て泳いだりとだらだらした過ごし方をし、のんびりするつもりでした。

しかし困ったことに、何故か時間の流れが早く、のんびり出来ず楽しいひとときが終わってしまうと始終焦っていました。

それでもなんとかのんびりしたようなショットをご紹介(^^;

2006_07120056
泳げないので海を眺めながらプライベートプールで行水する鬼嫁

2006_07120046
ヴィラの目の前に広がるビーチ、遠浅の海です。

海に潜って珍しい海洋生物でも見られないかと思いましたが、ナマコとムツゴロウのような魚しか見られなくてガッカリ。

一応水中カメラでは撮影しましたが、現像に出してないので公開できません(^^;

2日目の夕飯も昨日と同じでホテルの「Banana Leaf」でとることに。

ここでこのタイ旅行一番の激辛料理に出会うことになります。

Cimg0876

これがその料理「ヤム・タレー」。

エビやイカなどのシーフードを使ったサラダなのですが、火を吹くほど辛い!(>o<;)

今までのタイ料理は辛くても我慢できるレベルでしたが、これはもう無理。

ビールを飲んで舌を冷やしても、何か温かいものを口に入れた瞬間に刺激が甦りまくるのです(;_;)ヒー

ビールが進む進む(^^;

Cimg0877

牛肉の炙り焼きを使ったサラダ「ヤム・ヌア」。

これも少し辛くて、辛さ倍増(苦笑)

Cimg0878

タイ風春巻き「ポピア・トート」。

このレストランはカレー風味の春巻きでした。

タレは甘酸っぱくて鬼嫁の大のお気に入り。

かなり美味しくいただけました。

さらに昨日のタイ風焼きそば「パッ・タイ・グン・ソ」も注文して、なんと総額2000Bを大きく超えました(汗)

これじゃ、物価が安いところに来た意味ないじゃーん。

胃腸が弱い(くせに大食いの)鬼嫁が

「汚い処で安いモンは食べとうない!」

と言っていたのでホテルで食事を済ませていましたが、これではいけない!

屋台なんぞは100Bもあれば腹いっぱいになれるらしいこのタイで、この散財ぶりはどうなんだろう?

ということで、次回は街に出ることにしてみます。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

タイ旅行記2(サムイ島ホテル到着編)

サムイ島の空港でまず、一波乱ありました。

空港に迎えに来ているはずの現地ガイドがいないのです。

いったいどうしろっていうんだろう・・・

途方にくれながら待つこと15分・・・

「オ待タセシマシタ~、遅レテモウシワケアリマセ~ン」

と結構流暢な日本語で喋りかけてくるタイ人約一名。

どうやら現地ガイドの方らしいが、15分の間に我々の疑心暗鬼はピークに達しており、旅券を見せろといわれても素直に応じなかったりして、少々迷惑をかけてしまった(笑)

サムイ島での宿泊地は「ルネッサンス・コ・サムイ・リゾート&スパ」

空港から車で約30分。

この島は速度制限が無くて、車はみんなかっとんでいました(^^;

街灯がほとんどない道もかなりあり、島中に信号はなんと3基しかないらしい(笑)

ホテルのロビーに到着するやいなや「分不相応な場所に来てしまった東洋人」と化してしまいました。

それくらい凄く豪華なホテルなのです。

チェックインを済ませ、ホテル内のレストラン「Banana Leaf」で遅い夕食をとることにしました。

ちゃんと英語メニューがあり、持参したガイドブックのタイ料理と見比べながら恐る恐る注文。

ここで、この旅で一番美味しかった料理「パッ・タイ・グン・ソ」というタイ風やきそばを食べました。

Cimg0802

米の麺を使った焼きそばで、ピーナッツがほのかに甘く実に美味。

鬼嫁は「カオ・パッ」というチャーハンを注文。

Cimg0803

野菜がシャキシャキでこれまた美味。

タイ料理は、どれを食べても「こんな味、初めて」と思う不思議な味ばかり。

それなのに実に美味なのです。

辛くて甘くて酸っぱくて、香草が効いていて香りも独特、すっかりタイ料理に魅了されてしまいました。

レストランはさすがに高級ホテルだけあってギターの弾き語りがいました。

我々のリクエスト「ビリー・ジョエル」に応えて「Just The Way You Are(素顔のままで)」を熱唱してくれました。

気分よく食事が出来たので、おじさんミュージシャンにチップとして50Bをはずむ(笑)

わずか160円ぽっちですがチップとしては多いほうなのです。

サムイ島は、観光客のほとんどが欧米人で、アジア系はどちらかというと少ない。

そのため、ホテルの従業員は、みんなと言っていいほど英語が上手でした。

そして、このおじさんミュージシャンも英語を喋ってました。

食事が終わったのが23時過ぎで、昨日から寝てない我々は長旅の疲れも出てもう限界。

豪華なベットで落ちていくように眠りについたのでした。

翌朝、豪華なビュッフェスタイルの朝食をオーシャンビューのオープンテラスで済ませ、早速ホテルの探検に入る(笑)

まずは、入り口から。

Cimg0838

Lグレードリゾートホテルに相応しいこ洒落た外観。

Cimg0837

入り口からフロントを望む。

2006_07120073

屋内なのに真ん中に池があり、蓮の葉や花が浮いていました。

Cimg0846

フロントから出ると一直線にレストランまで向かう道があり、左右に伸びた道はまるで迷路のようになっており、プライベート感をだしているのだとか・・・。

Cimg0850

夕食と朝食を食べたレストラン。

この後部屋に向かう迷路道に入ります。

Cimg0852

バナナもなっていました。

この直後切り落とされていましたが・・・(笑)

恐らくそのまま客室のウエルカムフルーツとなっているのでしょうけど、これが非常に甘くて美味しい。

バナナ嫌いのおいらでさえ、食べることができました。

Cimg0853

我々の客室(っていうか客家)の門。

Cimg0855

テラスもちゃんとあります。

Cimg0858

入り口です。

Cimg0860

プライベートプール。

オーシャンビューで眼下にはビーチが広がっています。

このホテルには、プールヴィラタイプとホテルタイプの2種類があります。

我々の泊まったのは、ビーチフロントのプールヴィラタイプ。

プライベートプール(ジャグジー付き)が付いています。

このホテルのプールヴィラは全部で34棟なのですが、海岸沿いに建っているビーチフロントは、わずか7棟しかありません。

ココはそのうちのひとつの部屋。

何とも贅沢です。

今回のバカンスの大きな目的は「優雅なホテルでのんびり過ごす」というものだったので、ホテル選びには、こだわって「Lグレード」の部屋を選んのだのです。

ヴィラの広さは131㎡で、リヴィングとベッドルームと洗面台&お風呂と大きく3つの部屋に別れています。

2006_07120030

リビングです。

当然冷房は完備。(屋外は恐ろしく暑いです)

液晶テレビもありました。

2006_07120025

寝室。

天蓋つきのキングサイズのベットです。

2006_07120002

タオルで作られた可愛らしい象さんがベッドに置かれていました。

部屋のあちらこちらに蘭の花が置かれ、アロマオイルのいい香りでリゾート気分を盛り上げてくれました。

天蓋付きベッドは、蚊帳の役割も果たしているのでしょうけど、それ以上にゴージャスな気分にさせてくれます。

まるで王様にでもなった気分で、当分の間は、バカ夫婦で「王様」と「后」と呼び合ってテンションが上がりまくりでした(笑)

しかし豪華絢爛な部屋でしたが、一部だけちょっと不満というか謎な物が・・・

それは・・・寝室の壁にかけられていた絵です。

Cimg0873

・・・これわいったい何?(^^;

あやしすぎる・・・

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

タイ旅行記1・(出発の巻)

予告どおり本日からタイ旅行記を書いていこうと思います。

たまに別のこと書くときもあるかも知れませんが、完結させるまでは頑張って続けますのでどうぞお付き合い下さい(^^;

まず、行きですが、

平塚→成田(成田エクスプレス利用して2時間ちょっと)

成田→バンコク(飛行時間約6時間)

バンコク→サムイ島(飛行時間約1時間)

というルートでした。

当然間にはチェックインや待ち合わせ時間もありますので、結局15時間ほどかかりました(汗)

アジアとはいっても別に近くないですね。

これならヨーロッパに行けてしまう(笑)

成田空港はとんでもない混雑振りでした。

チェックインまで並ぶこと約1時間。

イライラしまくりです(苦笑)

世間でも夏休みは始まっているんだと実感しました。

しかし、うまく窓側ゲット。

おいらは飛行機は絶対に窓側に座りたい性質です。

理由はいろいろありますが、まず景色を見たいっていうのと、離着陸の「魔の11分間」をこの目で見ておきたい(一瞬でも自分の死ぬ理由を知っておきたい)ってとこでしょうか。

飛行機はJALを利用しました。

JALのマイレージカードを持っているので他に選択肢がないのですが、実はANAのほうがエコノミーシートの間隔が1インチ(2.5cm程度)広いそうです。

前のシートと膝がぶつかることが悩みのおいら的には大失敗です(苦笑)

Cimg0790

CMにも使えそうな綺麗な写真が撮れました(^^)

沖縄付近に停滞している台風の影響で機体が結構揺れましたが、珊瑚礁の島が見えたり・・・とおいら的には結構楽しめる航路でした。

Cimg0787

これはなんていう島なんでしょうかね?

飛行場の滑走路も見えるから、結構有名な島だったりして。

日本を10時30分に飛び立ち、バンコクへは15時15分(日本時間で17時15分)頃に到着しました。

搭乗時間は約7時間ですね。

バンコクで入国手続き。

滞りなく入国。

ここからちょっと戸惑いが始まります。

まず、案内表示がタイ語なんです(当たり前ですが)

英語が一緒に書いてあるものでないとハッキリ言って読めません。

広い空港のどこへ行けば、出口なの?とオロオロしながら「declare」(税関申告)の表示を見つけ、ホッと安心しました。

英語にここまで救われた思いをしたのは初めてです。

英語教育バンザイ!(学生時代は大っ嫌いでしたが)

税関をクリアし、いよいよ出口に出た我々。

現地係員が待っていてはくれたのですが、なんとタイ人で日本語がカタコト・・・このままどこかへ売られてしまうのではないかという不安を抱きつつ、タイ人ガイドに付いて国内線乗り場まで案内されました。

他の日本人旅行客らしき人が居たので、思わず「ここでいいんですかね?」と確認。

我々はどこまでタイ人を疑っているんでしょうか・・・。

バンコクからサムイ島までは、バンコクエアラインの国内線に乗って行くのですが、この国内線の中でもタイ語標識に戸惑いながら夫婦でウロウロしてしまいました。

幸いにも、空港関係者に英語を話せる人がいたので、どうにかチェックインを済ませ、搭乗までの空き時間を利用して、空港内のレストランで始めてのタイ料理を食べてみることにしました。

まずは両替と・・・

この日のレートは1B(バーツ)約3.2円でした。

ガイドブックによれば、空港内の物価は、市街地よりも倍以上に高く、タイマッサージにいたっては8倍くらい高いと書いてありました。

どれどれお手並み拝見・・・はぁ??

これで市街地よりも不当に高いというのかい?

驚くべき安さです。

春巻きを1皿頼んだのですが、85B・・・日本円で約270円(笑)

日本の一般的な大きさの春巻きが5本

(ビデオは撮ったのですが写真は撮り忘れました(^^;)

い、いかん・・・この物価に早く慣れなければ。

しかも、安いのに非常に美味でした(^^; 

夫婦共々、カルチャーショックを受け、そそくさとバンコクエアの搭乗待合室へ移動。

Cimg0791
軽食サービスコーナー

広くて綺麗な待合室には軽食サービスもあり、コーヒー・紅茶・ジュースにお菓子・パン・ケーキなどが食べ放題。

しかし、軽食サービスコーナーと簡単な子供用遊び場しかないので、暇を持て余してしまいました。

なんと待ち時間4時間近くもあったのです。

売店なんかがあれば良かったのにと、持参した本を読んで暇を潰しました。

ところでサムイ島までの飛行機には、ジェットタイプとレシプロ機(プロペラ)タイプの2種類があります。

我々は、運良くジェットタイプの機体でしたが、異様に小さい機体に不安を抱かずにはいられませんでした。

Cimg0924

地上から階段でわずか十数段の高さで、地上からでも手が届く飛行機って(^^;^^;)大丈夫なんだろうかと、ちょっと不安。

これでレシプロ機だった日にや・・・(汗)

飛行時間は1時間足らずなのに、しっかりタイ料理の機内食まで出ました。

バンコクエアはサービス満点です。

サムイ島に着いてから、カートに乗ってサムイ空港まで移動。

これまた凄い空港で驚愕。

まるで遊園地のアトラクション待ちでもしているかのような錯覚さえ覚えました。

空港というより木造のオープンテラスです。

Cimg0801

暑いのに、クーラーなんてありません、扇風機です(笑)

Cimg0800

手荷物受取も、こんなにも原始的な感じ。

壁のない空港って初めて見ました(^^;

でもなんとかサムイ島には無事到着できました。

次回はホテルや食事について書く予定です。

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

帰国後の水槽チェック!

旅行記の前にまずは水槽をチェックの報告です。

Cimg0785_1

これが旅行出発直前の水槽の状態。

これが1週間でこうなりました。

Cimg1038_1

まず、水がえらく白濁しています。

あまりいい状態じゃないですね。

原因はまだ不明です。

生体はパっと見無事のようですが・・・

そして水量が凄く減っています。

ファンを点けっぱなしで行ったので、蒸発量も凄い量です。

そして、水面に浮きまくったゴミ(水草の成れの果て)の凄まじさ!!

Cimg10411

いや~、ほんとにゴミみたい。

しかしリシアってこんなに浮くのか?

これもヤマトヌマエビがツマツマした結果でしょうか?

そして一番気になっているキューバパールです。

旅行前はこんな感じに綺麗に田植えしていきました。

Cimg0784_1

しかし緑の絨毯には程遠いですねぇ・・・

これが帰国時にはこんな感じになっていました。

Cimg1039

・・・ある程度の予想は出来ていましたが、やっぱり抜かれていますね(苦笑)

別の場所ではほとんど残っていないところもあったりして・・・先が思いやられます。

でも、この残った奴等は根性者に違いない。

コイツ等がきっと緑の絨毯を見せてくれると信じてます。

明日は水槽の大掃除だぁ~!!

田植えは・・・どうしようかなぁ・・・(苦笑)

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

帰還報告

ただいま、バンコクより帰還しました。

本日、湘南地域は超真夏日だそうですが、灼熱地獄のタイに比べると涼しく感じてしまいます(^^;

おいら達が旅行中にココロ愚のメンテナンスも済んだようですし、当然ネタはたっぷりありますので、今夜あたりからガンガン更新させていただきますよ~。

しかしランキングの都落ちぶりも激しいですね。

なんと10位→53位まで落ち込んでました(苦笑)

そりゃ更新してないんですから当たり前なんですけどね。

どれだけ挽回していくか・・・?これも見どころです(笑)

嬉しいことに、1週間の間にたくさんのコメントをいただいていました。

本当にありがとうございます。

タイにいる間も、暇な時間に

「ブログ書きて~」

って何回も思いました。

結構ストレス発散&娯楽として定着しているんですね。

それもこれも皆様のおかげだと思っております。

話は変わりますが、おいら達が旅立ったあたりから飛行機事故が相次いでいたようですねぇ・・・

えぇ、今日まで知りませんでしたけど・・・(苦笑)

もしかしたら海外旅行にはとても危険な時期だったのかも知れません。

生きて帰ってきただけでもありがたく思わなければいけませんね。

ちなみに日本時間で昨日の午前11時(タイ時間で午前9時)から一睡もしておりません。

そろそろ身体が限界なので、一回寝ます。

それではまた後ほど~・・・ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~

Banner_25 ←ランキング参加しています。
どこまで順位を復活できるか?皆様も一緒にランクアップ!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

旅行出発直前

出発まであと2時間を切りました(汗)

午前早い時間に出発の便なので、朝5時40分の電車に乗らなければなりません。

今日はもう徹夜決定。

準備もだいたい済みましたので、皆様にご挨拶を・・・

本日から約1週間、ブログの更新&レスおよび皆様のブログ巡回&コメントが出来なくなります。

ご了承くださいませ。

帰ってきたら、旅行記をアップしますので・・・忘れないでまた遊びに来て下さいね。

せっかく1週間も出かけるのですから、水槽の変化も楽しみ(?)です。

水槽の様子です。

Cimg0781

幸い、藻塩を入れてから、被害は1匹たりとも出ておりません。

藻塩、効果あるのかも。

そんなわけなので水換えはしないで行きます。

あ、水草結構伸びてるし、トリミングだけしていこうかな。

じょきじょき。

Cimg0785

簡単に、ロザエネルビスとグリーンロタラをピンチカット、コケだらけのスクリューバリスネリアを切って、絡まっていたラージパールグラスをほどいて差し戻しました。

1週間後、どのような変化が出ていることやら・・・

吉と出るか凶と出るかは帰ってからのお楽しみです(笑)

一番の心配はキューバパール。

最近、田植えの回数が激増しています。

ヤマトヌマエビが掘り起こし過ぎ。

Cimg0784

これは田植え後。

1ヶ月経ってもまだこんな状態です。

この1週間でどれだけ生き残ることやら・・・

Cimg0783

あぁ・・・早速来やがった・・・(泣)

キューバはやめてくれ~(;_;)

おっと。そろそろ時間です。

それでは行ってきま~す!!(^-^)/~

Banner_25 ←ランキング参加しています。
気をつけて行ってきます。皆様もお元気で~(^-^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

七夕リベンジ

カメラが直ったのでリベンジ。

湘南は平塚の名物。

湘南ひらつか七夕まつり。

Cimg0753

入口ゲート。

熱気が伝わってくる。

Cimg0760

人の流れの乗って中へ・・・

飾りが美しい。

人ごみが凄い。

とにかく暑い。

Cimg0767

アップで。

カメラも調子いいみたい。

さて、帰るか。

Cimg0771

まだまだ渋滞は続く・・・駅前まで続く旧国道。

迷惑なんだよなぁ。

この祭りの間は車で出かけると、家にたどり着けなくなる。

明日からの旅行の準備しなきゃ。

Banner_16 ←ランキング参加しています。
励みとなりますので応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

準備整いました~

旅行の準備に大忙しの嫁です
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

買ったばかりの調子の悪いデジカメ「デジカメ購入」より、全く信用できない私は、私専用の新しいデジカメを買って貰った。

新しいSDカード1GBを買うか、それともデジカメを買うのか夫婦で深夜3時まで悩み、アマゾンの購入画面で、最後のワンクリックを誰がポチるのか喧嘩になった(>▽<;;。

Pcm_06_07_08_0002
OLYMPUSのFE-150

悩んで買った甲斐がありました。

薄いし、液晶画面大きいし、何より説明書が要らないくらい超カンタンで使い勝手が超良さそう♪(* ̄ー ̄)v

これで、旅行の写真は安心だ。

デジカメ2台をフル活用させて、いい写真を撮りまくるぞ。

旦那の服を買ったり、旅行に必要な細々としたものを買ったりとワクワクしていたら、今朝早く広島の父から電話があった。(ここ最近、よく電話がかかってくる^^;)

やっぱり私達のバンコク旅行が心配のようで

「あっちに行ってチョロチョロするなよ!」とか

「気安く声をかけてきても相手にするな!」とか

グダグダ諸注意&説教じみた内容だった・・・(´д`)oァーゥー

いい年して、未だに親に心配をかけて本当に情けない。

何としても旅行から無事に帰ってこなくては!!!

私、厄年だから何となく心配。

買ったばかりのデジカメがいきなり調子悪くなったり、最近体調が良くなかったり、これらの災難が厄年のせいかもしれないと思うと、ますます心配になる。

厄年に災難がふりかかることが多いため、本来なら身を慎しむべきなのかもしれない。

しかし、明日からバカンスへ行くのだから、気合を入れて近所の八幡宮へ厄払いに行った。

Pcm_06_07_08_0001
八幡宮も七夕まつりの飾りがしてあった。

厄払いは5000円で買える安心、安いものだ。

旅行の準備(厄払いとかね)が忙しく夕飯作るヒマがないので(←口実?面倒なだけかも?)、七夕まつりを見物しつつ近所の美味しいラーメン屋で夕飯を済ませる。

P7080013
私のは、とんこつ醤油ラーメン+お得な3点トッピング

P7080014
旦那は、平打ちつけ麺+お得な3点トッピング

帰ってから旅の準備をするため、一口ビールで我慢する。

特にトッピングの味付半熟たまごが、美味しい。近所の名店だ。

さ~て、準備万端整えて、気をつけて行って来ま~す((w(^∇^)w))

Banner_13 ←ランキング参加中です。
嫁からも応援お願いします。(。・ω・)ノ゙
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

鬼嫁はクレーマー

昨日から調子が悪かったデジカメですが、先ほど機能でメモリーカードのフォーマットを行ったらすっかり直ってしまいました。

七夕祭りの風景は全て消えてしまいましたけどね・・・

そうしたら鬼嫁がえらい大騒ぎ!

「直してどうすんの!」

「いらんことした!!」

と、おいらにあたりまくってくるのです。

どうも鬼嫁の頭の中には、

「ヤマダ電機にクレームを入れて不良品を代えてもらう」

しか頭に無いようで、

「直ってよかった」

という気持ちがすっぽり抜けてしまっているようです(^^;

鬼嫁は先ほどからあちらこちらの写真を連写で撮りまくり、昨日と同じ状態にしようと躍起になっていますが、カメラはすこぶる調子が良いようです(笑)

まあ、確かに昨日みたいなことが旅行中に起こったりすると、せっかくの思い出が一瞬にして消えてしまったりするのですから気持ちはわかりますけどね。

直してしまったおいらのことが気に食わないようで、先ほどから仏頂面で沈黙を続けています。

クレームの相手はおいらにすり替わったようです(汗)

おいらは果たして何か悪いことをしたのでしょうか?

Banner_13 ←ランキング参加中です。
鬼嫁の攻撃に耐えるおいらに救いを・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

誕生日なのにトラブル多発

湘南の夏の風物詩「湘南平塚七夕まつり」が今日から始まった。

メイン会場が近所であるため、毎年迷惑しつつも、ついつい七夕飾りが綺麗なので行ってしまう嫁です
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

Pcm_06_07_06_0001
昼の七夕飾りの様子

今日は、旦那の誕生日用に手作りケーキを作った。

といっても、料理教室のケーキコースを受講し作っただけなのだが(^^;

Pcm_06_07_06_0002
パート・ア・ジェノワーズ

これはケーキ作りの基本中の基本!

フランス語でかっこ良く言えば「パート・ア・ジェノワーズ」だが、要はスポンジケーキである。

私が「誕生日仕様のステンシル」を選んだため、先生や他の生徒さんに

「誰か誕生日なんですか?」と聞かれた。

「ええ、旦那の誕生日なんです」と微笑むと、みんな口を揃えて

「旦那さん幸せですね」と言っていた。

そうだろうか・・・(゚_。)?

先生に「家でデコレーションするの?」と聞かれて

「いえ、面倒臭いのでそんなことしません」

と即答した私なのに(゚_。)??

わざわざ時間と労力をかけて、旦那を太らせるような無駄な行為は絶対にしないというのがマイポリシーなのに(゚_。)??

年に1度の誕生日にも「ショボショボ」の手作りケーキを用意してる私なのに(゚_。)??

しかし旦那は、ただ単純に「ケーキが食べられるなら幸せ」のようで、助かった。

夜は、会社帰りの旦那と待ち合わせ七夕まつりを見物に行く。

当初、露天の屋台で「焼きそば」やら「たこ焼き」やらを買い食いしながら、夜のライトアップされた七夕飾りをデジカメで撮影しようという話になっていた。

買って、わずか1ヶ月足らずの新品のデジカメ&SDカードであるのに、

「カードが異常です」

というエラーメッセージが出て撮影すら出来なくなってしまった。
∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

バカンス前に、ひどい仕打ちである、ヤマダ電機にクレーム入れてやろうとワナワナ震え、怒りのあまり、祭りどころではなくなった。

結局お祭りとは全く関係の無い近所の「お好み焼き屋」でビールを飲みながら食事をすることになった。

Pcm_06_07_06_0006
残念ながら大阪風のお好み焼き

お好み焼きが「そば入り」であることは広島では当たり前なので、わざわざトッピングに「そば」を注文し「大阪風モダン焼き」にする。

私が「お好み焼き」担当で、旦那は「もんじゃ焼き」の担当となり、上手く焼いた。

旦那は湘南生まれ湘南育ちなのだが、DNAはチャキチャキの江戸っ子だ。

「もんじゃは俺に任せろ」と言わんばかりだ。

それにしても、カメラの件は本当に参った。

旅行前に、旦那の水槽といい、カメラといいトラブル続きだ。

私が厄年だからかもしれない、明後日、本気出して厄払いに行こう!

Banner_13 ←ランキング参加中です。
トラブル続きの夫婦をクリックで励ましてください(TωT)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

口腐れ病対策に藻塩を入れてみました

タイトルそのまんまなんですが(汗)、先日の病気発生について「病気が蔓延した時は、すかさず「塩」です!」ってコメントをいただいたので、早速試してみることにしました。

もう「溺れる者は藁をもつかむ」状態でございます。

本日の被害はカージナル1匹。

随分被害が少なくなりました・・・ってただ個体が減ってるだけですけどね(苦笑)

せっかく塩を入れるのですから、ちょっといい塩にしてみました。

Cimg0424

その名も「海人の藻塩」!!

日本古代の製塩法で作られた、広島県は上蒲刈島の名塩です。

ミネラルを多く含んでおり水槽の魚にもいいかな?とか思ったり。

しかし、塩分ですから水草には少なからず悪影響があるかも知れません。

まあ、その時はその時です。

キューバパールだけは何回でも植え続けてやります!!

ということで・・・

とりあえず大さじ2杯ほどをゆっくり溶かしながら入れてみました。

急なpH変化に魚がびっくりしないか心配ですが、背水の陣で臨んでいるのである意味怖いものなし(^^;

アルカリ性を好む石巻貝は喜んでるかも知れませんね(笑)

ところで・・・入れてみてから気付いたのですが・・・

藻塩の「藻」って・・・「コケ」?

いや、本当はホンダワラって海藻なのですが・・・

不吉な名前だ・・・嫌な予感がするるる(苦笑)

Banner_25 ←ランキング参加中です。
落ち込みまくっているおいらに愛の手を・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

安物買いの大失敗/アクア×ァミリーに気をつけろ!

突然ですが、水槽が大変なことになっています。

実は先週土曜日に、おなじみのアク○ファミリーに行ってきました。

毎年この時期には「○クアファミリー祭」というイベントやっています。

生体の大売出しなんかもしていて(ヤマトヌマエビ10匹300円程度とか)、ついつい行ってしまいます。

そしてこの日のメインは「カージナルテトラ20匹1000円弱」でした。

おいらのアクア観に「安物買いは損をする。高いものに間違いは無い」という単純かつ明快な信念がありますが、今回ばかりは値段に目がくらみました(苦笑)

後で大後悔することになるのですが・・・

意気揚々と水槽に20匹のカージナルテトラを放流しました。

やはり、光輝くカージナルは美しい。

Cimg04231
カージナルテトラ/奇跡的な美ショット

群れで泳ぐとこの輝きがさらに増して、いくら見ていても飽きません。

しかし、よく見ると・・・奇形が混じっていたりして、

「安いだけはあるな」

と思いました。

しかし、それだけに終わりませんでした。

なんと、4日目にしてすでに17匹のカージナルが☆となりました・・・(T_T)

病気を持っていやがったのです!!

カージナルだけならまだしも!

タイガープラティ4匹、ラミノーズテトラ1匹まで道連れにして逝きやがりました!凸(`皿´)

原因は「口腐れ病」。

カラムナリス菌によって起こる病気で、まず口先が腐ったように白くなり そこへ水カビが付着し エサを食べなくなり衰弱して死んでしまいます。

一回発生すると、水槽中に感染しているとみて間違いありません(;_;)

やってくれるぜ、ア○アファミリー!

いくら特売だからってこれはヒドい。

本来は、「病気発生⇒水槽リセット」となるのですが、おいらの水槽は立ち上げたばかりですし、まだ元気な生体もいますので様子を見てみることにします。

なによりもあの田植えの苦労をまた味わいたくない・・・

しかし・・・今まで以上にマメに水換えしないと・・・マジで全滅も有り得る・・・

基本的に今回の水槽立ち上げまで、おいらのアクアライフではこういうトラブルが無かったため、ショックもひとしおです・・・

マジで立ち直れそうに無い・・・_| ̄|○

Banner_25 ←ランキング参加中です。
落ち込みまくっているおいらに愛の手を・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

バカンスの準備

昨日に引き続きいい買い物が出来て満足している嫁です
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

来週のバカンスのためのタイ用アダプタープラグをヤマダ電機へ買いに行った。

そこで、ふと見つけたビデオカメラ用の三脚も購入。

Pcm_06_07_02_0010
アルミ製で軽量、コンパクトで丈夫、最大開脚時には私の背ほどある。

旦那は凝り性で、カメラのアングルをすごく気にする方だ。

人に写真を撮ってもらって変なアングルになるのが嫌いで、いつも三脚を持って歩いている。

しかし、三脚が大きくて重いため旅行の時に荷物になるのが悩みの種であった。

しかし、この三脚なら、さほど荷物にはならないし、まさにバカンス仕様である。

全てヤマダ電機で貯めたポイントで購入し、妙に得した気分となる・m・) プププ

その帰り道に、残り1足の旦那のサンダルを買いに行く「夏のバーゲンでGET!」より

Pcm_06_07_02_0009
「TEXCY」のサンダル2足

違うタイプのサンダルもあり、まとめ買い。これまた、妙に満足・m・) プププ

その後、実家にスーツケースを借りに行き(マンション住まいなのでスーツケースの置き場所が無く、いつも借りている)、そのままパパと一緒に夕飯を食べに行く。

Pcm_06_07_02_0002
行きつけの近所のちゃんこ屋で。

腹いっぱい食べたというのに、先日近所で見つけた「麻布茶房」に甘いものも食べに行く
(>▽<;; アセアセ

Pcm_06_07_02_0005
チョコレートサンデー(私)とクリームあんみつ(パパ&旦那)

予想外のカロリーオーバーで、旦那は体調を崩す(笑)

今日は着々とバカンスの準備を整えたが、まだまだ準備はこれからだ。

成田エキスプレスの予約したり、海外携帯のレンタル申込みしたり・・・あと私専用のデジカメも買わなきゃr(^ω^*)))!!

バカンス行く前の、この準備がワクワクしてすごく好きだ。

Banner_13 ←ランキング参加中です。
嫁からも応援お願いします。(。・ω・)ノ゙ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

aquamind laboratory 水草栄養剤用炭酸カリウム粉末 購入

先日紹介させていただいたAM2 - aquamind 2 -の38brainさんのネットショップaquamindlaboratoryが6月25日に開店となりました。

Shop1

いや~、かっちょイイ。

商品もショップもセンスいいですね。

ショップのフォームも全部自分で作ったらしいです。

そういう技術って凄いなぁと思います。

さて、早速商品を見てみましたが、今ショップで売っているものを見ると、残念ながらおいらはpH測定試薬キットはモニターでいただいて持っているため、あまり買うものがありません。

でも、せっかくですし、先着100名までには特製ステッカーが付くということで、炭酸カリウムを購入させていただきました。

Cimg0415

着金確認後、速攻で届きました。

おまけのスッテッカーが嬉しい(^^)

さて、カリウムって何?っていう方もいらっしゃるかと思うのでここで簡単に説明を。

カリウムとは水草の3大栄養素(窒素・リン・カリウム)の一つで、窒素やリンは魚の糞などから水槽内に供給されますが、カリウムは別途加える必要があると言われています。

コケの栄養にはなりにくいそうです。

我々人間にも必要な栄養素で、ナトリウムとともに、水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持する働きを持っていて、高血圧などにも効くことで知られています。

生野菜や果物等調理をしない生の食品に多く含まれています。

病人には特に必要な栄養素?

昨年亡くなったウチの母にも、医者が「積極的にカリウムを摂ってください」って言ってました。

(注:この商品は水草の成長促進栄養剤として以外の用途には絶対使用しないで下さいと説明書に書かれています。カリウムのサプリメントは健康食品コーナーに普通に置いてありますので、摂取したい方はそちらでどうぞ。)

話を元に戻します。

説明書を見ると、プッシュポンプ式の容器を用意すると良いらしいので、100円ショップで買って来ました。

これにステッカーを貼り付けて・・・と。

Cimg0417

なんか、それっぽくなりましたね。

こういう容器も一緒に販売してくれたら買うんだけどなぁ・・・あと、計量カップ、計量スプーンとか。
(そういえばおしゃれな試験管立てが販売されてました。買えばよかった)

このポンプはワンプッシュで約0.7mlが出ました

ということは・・・説明書で推奨されているように10%の濃度の溶液を作って入れておけば、一日3プッシュすればいいわけだな。

・・・・勢いで2つも買ってしまいましたが、1日に約2ml、カリウム約0.2gということは・・・毎日添加しても6年以上持つ・・・(爆笑)

38brainさんにも「2つも買うのですか?」と言われたにもかかわらず!

あまりの安さ(1個600円)に、思わず買ってしまった(苦笑)

気を取り直して・・・さて、作るか・・・

この容器には200ml強の水が入るので、180mlの水を用意して、20mgの炭酸カリウム粉末を溶かす・・・

ってここで大変な問題に気付きました。

なんとウチには測りが無い!!(爆笑)

近いうちに買ってこなきゃ。
(ここまで引っ張ってオチがコレでした(苦笑))

Banner_25 ←ランキング参加中です。
アクアブログに生きとし生けるものたちよ!
オラにコケと戦う力を分けてくれ─────!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

夏のバーゲンでGET!

今日は、横浜&みなとみらいまでバーゲンに行ってきた嫁です
(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

朝早く起きてバーゲンに行くつもりが、昼前に目覚めて出遅れた(ノд-。)

目覚ましかけたハズなのに・・・先に起きていた旦那に

「何で起こしてくれんかったんよ!(*`Д´*)ノ"」

と朝から八つ当たり(-"-;)

しかも、出かける寸前に夫婦喧嘩まで勃発、ますます出遅れた。

もうダメだぁ~と急いで、みなとみらいにある大好きな靴屋「tourbillon」へ真っ先に向かう。

以前に狙っていたサンダルがあって即買い♪(* ̄ー ̄)v

クイーンズスクエア~ワールドポーターズ~横浜そごうをハシゴしてGETした戦利品たち。

Pcm_06_07_01_0003

夏の定番ワンピ、白カーデガン、サンダル、帽子、ピンクのサングラス。

ほとんどのものが、来週のバカンス用である。

人が多くて、ゆっくり買い物出来なかったけど、満足できる買い物であった。

ちなみに旦那用にも「バカンス仕様のサンダル」を購入。

Pcm_06_07_01_0005
「TEXCY」のサンダル

旦那は足が大きくて、なかなか合う靴がないのだが、「TEXCY」の靴は、幅広で大きいサイズもあり、旦那が愛用しているのだ。

ちなみにこのサンダルのサイズは28cm~28.5cmで、インナーソールがソフトでとても履き心地がいいと、早くも気に入った様子。

お店に、もう1足だけ色違いがあったのに・・・買っておけば良かった(´Д`) =3

大きいサイズの靴は、品数が少ないため競争率も高く、見つけたときに即買いしておかないと、なかなか手に入らないのだ。

明日また買いに行こうかな(='m')!!

私は、バーゲンが好きだぁ~身が燃える(笑)

Banner_13 ←ランキング参加中です。
嫁からも応援お願いします。(。・ω・)ノ゙
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケに侵されしものたち

水槽リセット&立ち上げからもうすぐ4週間です。

この1週間での水槽の変化が激しい。

Cimg0387_1
5日前
このあと1本だけ伸びたロザエネルビスをピンチカットしました。

そして・・・今日です。
Cimg0402

おいおい・・・。

なんだ、この水草の凄まじい成長ぶりは~?

なんか思いっきりまとまりが無くなりつつあるようです。

ここらで、バッサリトリミングのタイミングかな~。

とくに後景のウィステリアとロザエネルビスが幅をきかせ始めてますね(^^;

しかし、よく見ると実はもっと幅をきかせているものがいます。

それは・・・コケです(T_T)

Cimg04091
コケに侵されしスクリューバリスネリア(´Д`|||)

Cimg04101
コケに侵されしエキノドルス・テネルス(泣)

そしてとうとう・・・

Cimg04051
コケに征服されたキューバパール・・・(メ ゚ ρ ゚ )ボー

なんなんだ、このコケの猛繁殖は!!

水温上昇、栄養過多、光量不足・・・原因は色々考えられますが・・・

どうしよう・・・(-_-;ウーン

とりあえずは頑張って水換えを続けてみます。

目標2日に1回、10リットル以上。

頑張るぞ~。

・・・Σ( ̄ロ ̄ )ハッ

そういえば来週から1週間旅行だった・・・

水槽崩壊の日も近いかも・・・

Banner_24 ←ランキング参加中です。
アクアブログに生きとし生けるものたちよ!
オラにコケと戦う力を分けてくれ─────!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »