« 緑の絨毯を夢見て | トップページ | デン・電磁弁! »

2006年5月27日 (土)

GW温泉三昧旅行記④

GW旅行記も第4回目。

今回から後半戦に入ります。

下呂温泉を後にした我々は、一路長野県は戸倉上山田温泉へ向かいました。

ルートはぱっと見遠回りですが、渋滞を避けるために中津川ICへ向かい、そこから中央に乗ることにしました。

高山経由で行くと渋滞が凄そうだったので・・・

この読みも大正解で、渋滞につかまることは全く無く、すいすいっと長野県へ。

長野県へ入ってしまえばこっちのもの。

前も言いましたが、おいらは会社入っての最初の赴任地が長野市、その後すぐに上田市と計2年間長野県にいました。

おかげで、長野県(特に北信と東信)には絶対の自信があります。

営業で駆けずり回っていたんですから、裏道抜け道もバッチリです。

でも、今回はそこまで混んでなかったので一安心。

更埴ICを降りたところで、小腹が空いたので目的地近くの蕎麦どころ「」で蕎麦をいただくことに。

Dscf3458_1
蕎麦きり(盛りそば)ワサビは自分で擂って

Dscf3457
山菜天ぷら盛り合わせ

さすが信州蕎麦どころだけあって美味しい。

量もそこそこありました。

そういえば言ってませんでしたが、このGW時期に信州方面へ訪れる方は、是非山菜の天ぷらを食べてみて下さい。

絶品です。

とくに「たらの芽」は癖になります。

いくらでも食べていたい(笑)

スーパーとかでも、首都圏じゃなかなか手に入らないような新鮮な山菜が、驚くほど安い値段で売っています。

さて、もう上山田温泉は目と鼻の先です。

話をもとに戻しますが、戸倉上山田温泉は、長野市のすぐ近くにある温泉で、千曲市(元は郡だったが最近千曲市って地名になった)にあります。

千曲川(信濃川)をはさんで、戸倉温泉と上山田温泉があり、いい景色といいお湯とで古くから知られる名湯です。

ただ、最近はちょっと(かなり)寂びれた感じです。

お湯は良いんですけどねぇ・・・町の雰囲気が古すぎるんでしょうか。

普通にストリップ小屋とかありますし(笑)

(でも、長野とか上田のおっちゃん達は温泉で宴会というとここに来たがります。)

おいら達が泊まるホテルは中央ホテルという口コミ評判が非常にいいホテルです。

なんと言っても「料理自慢」!!

コレはポイント高い(笑)

到着後、早速部屋に案内されました。

・・

・・・

・・・・部屋についてはノーコメントで(笑)

いや、岐阜で泊まった二つのホテルが非常に綺麗で設備もしっかりしていたので、いきなりこういう古いホテルに来て面食らってしまいました。

オートロックじゃないだけでちょっと不安になります。

とはいえ、せっかく来たんです。楽しまなきゃ。

ということで散策に出ることにしました。

上山田といえば、上山田のすぐそこにある城山史跡公園から、千曲川沿いを一望するのがオススメです。

ということで行って来ました。

戦国時代の山城が再現してある場所です。

こんなにしょぼい城で戦ってたのか~大変だったろうな~というのが本音の感想。

Dscf3476
物見やぐら

Dscf3471
上山田(手前)&戸倉(川向)の町を
真ん中の橋は万葉橋

Dscf3473
千曲川上流方面、上田市のほうへ向かって

近くに「男女和合の神」という妖しい響きの神社があるので見に行ってみました。

どれどれ、どんなモノが置いてあることやら・・・(ひっひっひ)

・・・え?

カコーン。(おいらの顎が外れて地面に落ちた音)

こ・・・これはっ・・・えぇ???

写真はとてもじゃないけど載せられません。
(撮影禁止だしね。誰もいないから撮り放題だけど)

凄すぎです。

でかすぎです。

リアルすぎです。 (男女ともに!)

中学生とか連れてきたら、トラウマになるんじゃないだろうか?(^^;

そんなことを考えながら、夫婦で

「子宝に恵まれますよーに」

とお祈りを捧げたのでした。

次回は料理自慢の中央ホテルの「殺人ディナー」を紹介します(意味深)

Blog_13 ←ランキング参加中です。
皆様のあたたかいクリックをお願いします。

ちなみに瞬間風速的に6位を記録しました。
頑張って面白い記事を書けるように精進します・・・(汗)

|

« 緑の絨毯を夢見て | トップページ | デン・電磁弁! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/10262419

この記事へのトラックバック一覧です: GW温泉三昧旅行記④:

« 緑の絨毯を夢見て | トップページ | デン・電磁弁! »