« 今年の夏休み | トップページ | GW温泉三昧旅行記② »

2006年5月25日 (木)

GW温泉三昧旅行記①

昨夜の鬼嫁の「空想パタパタ夏休み」の夢をアッサリ却下してやりました(大爆笑)

飛行時間の長い所へ行くなら、ビジネスクラスを用意しろ(爆)

ということで今日からGWの旅行記を書くことにします。

旅行から帰ってパソコンが逝ってたためなど理由をつけては、今日まで書かずにいました(苦笑)

今回の旅行のメインはミッキー電報が届きましたで登場した癒し系友達夫婦(以下S夫婦)との温泉&グルメ紀行。

関東在住のおいら達と関西在住のS夫婦が、中部地方の飛騨高山で合流!

う~ん、ロマンチックじゃないか。

GW初日の5月3日は、「交通渋滞のピーク」だったため、渋滞を避けて前日の深夜1時に出発。

しかも、前日は21時ごろまで同僚とGW前打上げ(?)で、生ビールを1~2杯ほど・・・(^^;

ひたすら水をガブ飲みして体を無理やりリセットしてから出発!

ルートは湘南から八王子に出て中央自動車道に乗り松本へ。松本から上高地付近を通過する山越えルートを選びました。

ひたすら頑張り甲府付近で1時間の仮眠休憩を取っただけで運転し続けることなんと5時間!(鬼嫁に運転させるとおいらの神経がすり減るため、今回運転させていません。本人も運転する気などさらさら無かったようですが・・・)

おいらの読みは大当たりで、おいら達が通った2~3時間後には大渋滞だったようですが、おいら達は渋滞に捉まることはほぼ皆無でした。

夜明け前、北アルプスが朝焼けに染まって綺麗でした。(運転中だったため写真は撮っていません)

やって来ました~飛騨高山!

さすがに眠い・・・

朝7時30分から開いている日帰り温泉「ひだまりの湯」で体を癒すことにしました。

GW価格で値上げしてたのがいただけませんでしたが、非常にいいお湯でした。

ちなみにS夫婦は午前7時半ごろ兵庫県を出発とのこと。

おいら達はさすがに限界です。

待つのを兼ねてそこの仮眠室でお昼まで寝てしまいました。

昼食は高山駅近くの「小舟」という蕎麦屋で盛り蕎麦を食べることに。Dscf3362
おいらは3段盛り。鬼嫁2段。たらの芽天ぷらとともに。

蕎麦どころだけあって、上品で美味しい蕎麦でしたが、おいら的には信州のほうが美味いというのが本音。

鬼嫁は大満足のようでした。

高山駅周辺は、観光客で混雑していて、「高山ってスゴイ観光名所なんだ」と改めて感心。

高山散策をしていると・・・

至る所に「飛騨牛串焼き」の実演販売のお店が目につきます。

お昼を食べたばっかりなのに、肉を焼く匂いに堪らなくなり、早速「米丸屋」で食べてみました。
Dscf3369
このボリュームで1本たったの300円!

注文してから、1本ずつ丁寧に炭火で焼いてくれ、熱々を食べることができます。

肉厚の一口ステーキを串に刺したような濃厚な味わい、それでいて柔らかく、とても美味しい。

このお店、他にもタコ焼きのタコの代わりに飛騨牛を入れて焼いた「飛騨牛玉焼き」(6個入り500円)というアイデアメニューが有名とのことで、せっかくなので食べてみました。

・・・・・・・ん?悪くない!

肉汁がジワ~と口の中に広がり何とも贅沢、かなりイケる!

高山散策と言いながら結局、ずっと食べてばかりで観光はしませんでした(^^;

兵庫からやってくるS夫婦を、宿泊予定のホテル駐車場で待つことに。Dscf3372
ホテルアソシア高山リゾート

高台にある綺麗で立派なホテルでした。

目の前には北アルプス連峰が広がりロケーションもバッチリ!

涼しく空気も美味しいし景色も素晴しかった。

しかし、肝心のS夫婦は渋滞にどハマリしているとのこと。

こんなこともあろうと、おいらは持参したDVDポータブルプレイヤーで、

水曜どうでしょう『原付ベトナム縦断1800キロ』

を車の中で鑑賞(笑)

夕方ようやくS夫婦と合流して、さっそく夕飯へ。

夕飯は、絶対「飛騨牛!」と決めていたので、本にも載っていた「みかど」で牛刺しを食べました。(実は他の店に行ってみたのですが、あまりにも混んでいたため断念、この店にたどり着きました)
Dscf3375
ほうばみそと牛刺しのセット 2000円

牛刺しがめちゃめちゃ美味い!

生肉が苦手な鬼嫁も、ここの牛刺しは完食。

ちなみに「ほうばみそ」とは、朴の葉の上で独自の味噌とねぎを炭火で焼いて頂く郷土料理で、これがビールに凄く合う!

牛刺しに少し乗せて食べると、これまた合う!

ごはんに乗せて食べてもイケる!

完全に酒の友です(笑)

S夫婦はさらに飛騨牛の串焼きが食べたいとのことで、再び「米丸屋」へ。

S夫婦、夕食食ったばかりなのにめちゃくちゃ食べてました。

なんと二人で串焼きを6本平らげてました(笑)

「これでステーキ1枚分ぐらい食べたんとちゃう?」
(注:関西弁監修には自信ありません(汗))

と大喜びでした。

この発想、さすが関西人(笑)

その後ホテルへ帰り、温泉へ入りました。

ここの温泉は高層階にあり、露天風呂は景色もいい・・・

しかし、外からも見えたりします(笑)

女性は露天風呂の一番先まで行かないようにしましょう。

その後持ち寄った酒で宴会へ突入。

久々の再会を肴に楽しい一日目が終わったのでした。

Blog_8 ランキング参加中です。
励みとなりますのでクリックお願いします。

ちなみに2006/5/24PM11:30分現在・・・11位!
すごい!!

|

« 今年の夏休み | トップページ | GW温泉三昧旅行記② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/10216434

この記事へのトラックバック一覧です: GW温泉三昧旅行記①:

» 有馬温泉「太閤の湯」日帰り旅行記 [女性健康@情報バンク]
有馬温泉の太閤の湯で岩盤浴体験してきました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 08:01

« 今年の夏休み | トップページ | GW温泉三昧旅行記② »