« 2006/2/23『本日の出来事』 | トップページ | クリーンアップ大作戦 »

2006年2月25日 (土)

監視する女

久々の鬼嫁ネタです(笑)

小遣いの使い方って人それぞれだと思います。そして小遣いで何を買おうか自由だと思います。しかしウチの鬼嫁はおいらが何を買ったか常に監視しています。例えばマンガ、例えばPS2のゲーム、例えば熱帯魚・・・彼女はその全てに「無駄遣い」というレッテルを貼ってくれます。さらに気に食わないものだと、怒り出したりします。

おいらの小遣いをおいらがどう使おうと勝手じゃないですか。別に悪いことしてるワケじゃない。しかし嫁はいかにも悪い事をしているように罵倒してくるのです。

マンガ一つをとったって、嫁には良さが分からなくたって、おいらにとっては思い入れがある作品だってあるんです。しかしそれを卑下されると、おいらの全てを否定されているような気分になります。誰だってお気に入りの映画なり、音楽なり、小説なりあるでしょう。それを面と向かって「くだらん!」と言われてみてください。本気でムカつきます。殺意さえ覚えます(^^;

だからおいらは嫁に何も言われないように、買ったものをさりげなく隠したりします。そうすればお互いに嫌な思いをしないで済むと思うからです。

しかし嫁にとってはそれもムカツク要因となるのです。

だったら放っておいてくれ!!叫びたくなります。いや実際、何度も叫んでいるのですが・・・(苦笑)

しかし嫁は放っておくどころか更においらを追い詰めます。

おいらは先日買ってきたPS2のソフトを隠しました。クローゼットの中にあるダンボールの中へ・・・このダンボールの中にはおいらのガラクタばかり入っており、嫁にとって興味あるものは基本的にはない筈です。しかしこの嫁はおいらが会社に出かけ、一人になった瞬間、部屋を漁りだすのです。つい先日に至っては、おいらが会社に出かけて15分もしないうちに「またくだらないもの買ってる!!」とメールが入ってきました。

さすがにこの時はおいらは恐ろしくなり、嫁との別居を真剣に考えました(^^;

あるときは水槽にエビを買って入れておくと何故か気付き文句を言い出し、会社のカバンの中に会社帰りに電車の中で読んだマンガを入れておくと「また無駄遣いしてる!」と言ってきます。

正直気が狂いそうになります。プライバシーも何も無い。会社で詰められ、本来は気が抜けるはずの家でも詰められる。おいらの心の安らぎはいったい何処にあるのでしょうか?

以下、”心の叫び”です。

頼む。

本当に頼む。

俺を放っておいてくれ。

俺を一人にしておいてくれ。

俺の趣味に口を出さないでくれ。

俺のやる事をいちいち監視しないでくれ。

俺の小遣いを俺がどう使おうと何も言わないでくれ。

本当の自由が欲しい・・・

|

« 2006/2/23『本日の出来事』 | トップページ | クリーンアップ大作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/8822444

この記事へのトラックバック一覧です: 監視する女:

« 2006/2/23『本日の出来事』 | トップページ | クリーンアップ大作戦 »