« 自己満足の手打ちうどん | トップページ | 鬼嫁からの挑戦! »

2006年2月19日 (日)

アクアリウムという世界

以前ちょっと触れましたが、おいらは熱帯魚を飼うアクアリストです。アクアリストとは水生生物の愛好家の事を言っているようで、おいらも「自称アクアリスト」です。まだまだ駆け出しですが・・・

akahire 独身一人暮らしのときに何となく水槽を買い、メダカのような安い魚(アカヒレという中国産の美しい魚です) を4匹程度買って飼育し始めたのがきっかけで、(このアカヒレはもう5年も生きています)今や水槽を大小合わせて3本抱えています。

始めるととにかく面白い。まるで自分が神になったような(大げさですが(^^;)感覚。メインとなる魚、底辺を泳ぎ食べ残しを食べる魚、コケを食べる生物、光合成により酸素を供給する水草、そして水を綺麗にするバクテリアの存在・・・魚の気性、大きさ、餌とするもの、こういう色々な要素を考え組み合わせ、小さな水槽という枠の中に自分の好みの世界を作ることが出来るのです(上手くいくとは限りませんですが・・・)。

「熱帯魚飼育ってお金がかかる趣味なんじゃないの?」とか「飼育って難しいんじゃないの?」とよく訊かれます。

確かにちょっと前までは大変お金がかかったようですが、今はそんなことないです。最初に器具を揃えてしまえば、メンテナンスにそこまでお金はかかりません。魚の値段もピンキリで、安いものなら一匹100円以下から買えます。エサも数百円でけっこうもちますし、趣味として考えるならゴルフなんかよりお手軽でしょう。しかしウチの鬼嫁に言わせれば立派な無駄遣いとのことです(泣)

そして飼育についても魚の世話というよりは水の管理がメインなので、水の環境さえ整えてしまえばたまの水替えぐらいです。(エサは当然やる必要はありますけどね)

以前、新婚旅行で知り合った夫婦がウチに遊びに来たときに水槽を見せ、アクアリウムの世界に誘ったことがあります。その数ヵ月後に彼らの家へ遊びに行くと、小型サイズの水槽と、かわいい魚たちが優雅に泳いでいました。この素晴らしい世界に共感してもらい、仲間が出来てうれしい瞬間でした。家が遠いためたまにしか会えませんが、その家の水槽がどうなっているか行く度に楽しみです。

cadte01 熱帯魚の魅力はやはりその美しさが一番ではないでしょうか。  有名なネオンテトラやカージナルテトラの青と赤の輝きに目を奪われた経験をお持ちの方も少なくないはず。この美しさゆえ「高価そうなイメージ」を思い浮かべてしまいますが、実際は一匹200~300円ぐらいです。しかしその泳ぐ姿は「泳ぐダイヤモンド」と言われるほど美しく光り輝いています。もともと群れで生息する魚なので群泳させると見応ええたっぷり!水草の緑とも相性が良く非常に映えます。この画を何も考えずに、時間を忘れてボーっと眺めている時間が大好きです(しかし毎回鬼嫁がジャマしに来るのですが・・・(T_T))。

また、魚とはいってもちょっとはコミュニケーションをとることを出来るのもいます。熱帯魚のスーパースターとも呼ばれるエンゼルフィッシュもそのうちのひとつです。ウチのエンゼルは毎朝こちらの姿が見えると「エサくれダンス」を踊り始め、可愛い仕草を見せます。さらに馴れてくると、水に指を入れるとつっついてきたりします。この写真は指につられてきた我が家のアルタムエンゼルです。 どうです?可愛くないですか?yubiangel

残念ながらおいらの知り合いには、アクアリストは非常に少なく、こういう会話を出来る人がほとんどいない状況です。このブログでそのうっぷんを晴らしていこうとか勝手に思ってますので、コメントある方はどんどんお願いします。

|

« 自己満足の手打ちうどん | トップページ | 鬼嫁からの挑戦! »

コメント

コケをたくさん食べてくれるプレコが、
実は60センチにも成長するお魚さんだと、後から知って、驚愕!!

5ひきが順調に育って、20~30センチになった頃、
メインのグッピーが次々と謎の死を遂げました。
知り合いの「自称アクアリスト」に相談すると、
どうやら死因は、大きくなったプレコらしい…とのこと。
夜行性のプレコは、夜、水槽内で暴れるので、寝ているグッピーが、驚かされたり、傷つけられたりして、死に至っているのではないか…
Σ(゚O゚;ガーン!

食欲旺盛で、水槽内にコケが全くないと言っても、
過言ではないくらいに、働き者なプレコ達が、たちまちお邪魔になってくる身勝手なアクアリスト…(^^;)
まさか、殺したり、川に流したりするわけにもいかず、
嫁入り先を探したら、近所の熱帯魚屋さんが引き取ってくれるとのこと。
さっそく、20匹ほどグッピーを買いに行って、
プレコ5匹を引き取ってもらいました。

ごめんね~プレコ…最期まで飼ってあげられなくて。
新たな飼い主さんのもとで、幸せになっておくれ~

投稿: ポメっちのママ | 2006年2月19日 (日) 21:55

プレコは大きくなるんですよね。ウチはコケ取りに関してはオトシンクルスとフライングフォックスで我慢しています。(時たま貝類、でも良く死ぬ。水質はアルカリ性がお好みのようなので…そこまでは貝に合わせられない)でもあまり効果ないのが悩みです・・・コケ対策は永遠の課題なんだろうなぁ・・・

投稿: 謎謎 | 2006年2月20日 (月) 01:06

弱アルカリ性の水質を保つには、珊瑚砂が有効です。
でも、貝やエビは、長持ちしませんよね…何故か(ToT)

こけ取りには、プレコが一番!
また性懲りもなく、水槽に入れてます。
大きくなったら、またいつもの熱帯魚屋さんに行って、
グッピー20匹買って、引き取ってもらいます(^^;)

投稿: ポメっちのママ | 2006年2月20日 (月) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/8731283

この記事へのトラックバック一覧です: アクアリウムという世界:

« 自己満足の手打ちうどん | トップページ | 鬼嫁からの挑戦! »