« 監視する女 | トップページ | 2.26 事件です! »

2006年2月26日 (日)

クリーンアップ大作戦

昨日、ウチの水槽に新しい仲間が加わりました。

アクアリウムをやっていると、必ず悩むのがコケ対策です。少し油断すると、水槽内はすぐコケジャングルと化します。その原因は水質の悪化が一番の要因だと言われています。魚が棲んでいれば当然フンやエサの食べ残しで汚れます。

水槽内の水はフィルターで物質的ろ過と生物的ろ過を経て(この原理は上下水道処理と一緒です)、水槽内の水を循環させることによって水質の悪化を防ぎますが、当然限界はあります。特に水に溶け出してしまった栄養素やアンモニア、硝酸、リン酸は対処が難しく、コケ発生の原因となります。コレを解消するのは水換えが一番なんですが、この水換え、あまり頻繁にやりすぎても良くありません。というのは、まず水換えを行うことが魚のストレスになるからです。そして、ろ過バクテリアの減少にもつながります。あまりきれい過ぎる水はかえって棲みにくい水であり、まさに「清流魚棲まず」なのです。そして何より水換えは面倒くさいのです(爆)(とはいえ2ヶ月に一回ぐらいで水換えと泥抜きはしてますけどね・・・)

熱帯魚の中には水質にうるさい魚もいますが、おいらみたいなズボラアクアリストには(仕事が朝早く帰りも遅いため、そこまで世話が焼けない)水質にそんなにうるさくない魚の選別と、水槽の見た目が悪くならないようにコケを生やさない対策というのが一番重要なのです。

つい先日、このブログを読んでいる貴重な方からこれまた貴重なコケ対策に対するこのようなコメントをいただきました。

う~ん・・・プレコかぁ・・・大きくなるって言うしなぁ・・・でもおいら実際のとこプレコに対する知識ってあんまりないんだよな。オトシンクルスなんかと比べてどの程度コケ対策に効果があるか知っておきたいトコではあるな。よしッ!

というわけで、会社帰りに(人間ドックを理由にいつもより早く帰って)行って来ました、ペットショップ!しかしそこのペットショップのプレココーナー(?)には比較的大きくなる種類のプレコばかりが目に付くように置いてありました。小型魚ばかりのウチの水槽にはちょっと入れられません。

しかし、小型魚売り場に小型魚と混泳しているプレコらしき小さな魚が目につきました。

「チャイナバタフライプレコ・・・?」

あまり聞いたことの無い魚名でした。早速ペットショップ内にある、熱帯魚本のコーナーへ行き、立ち読みでチェック!・・・載ってないやんけ!!どの本にも載っていません。仕方ないので店員に聞いてみました。

「コケはそこそこ食べますよ。大きくはなりません。体長は5cmぐらいです。」

5cmかぁ・・・それ魅力(笑)

「コレ明日から1匹250円のセールやります。」

な、なにぃ・・・。今は1匹380円。3割引じゃないですか。しかし明日また来るのは面倒くさいなぁ・・・来れば30分は確実に潰れるし・・・2匹買うとして、差額は260円・・・

30分のタイムロス ≧ 260円 (給料日後だしね。小遣いはある!)

「じゃあ2匹ください」

「わかりました。お待ちください」

「ところで・・・セールって明日からなんですよね・・・(じっと見つめる)」

「えぇ、そうですけど・・・?」

「じゃあ380円ですね・・・(じーーーーーっ)」

「・・・(汗)・・・250円でいいですよ(^^;」

勝った(笑)言ってみるもんだ。

というわけで手に入れてきました。チャイナバタフライプレコ!

DSCF2419

なんか、とことん平べったい魚です。身体全体が吸盤のようになっており、店員さんもつかまえる(というよりひっぺがす)のに苦労していました。

このチャイナバタフライプレコ、調べてみるとプレコのようなナマズの仲間ではなく、ドジョウの仲間だそうです。姿が似ているからなのか「プレコ」という名前がついていますけどね。詳細はナゾです。

DSCF2426

くっついているところがまたなんとも言えず不気味・・・(^^;

さてコイツ等どの程度役に立つか・・・その前にウチの水槽で生き残れるか?

とりあえず動きがコミカルで見ていて面白いです。

突然始まった我が家の水槽クリーンアップ大作戦。次は本物のプレコの「ブロンズプレコ」がお目当てです。

|

« 監視する女 | トップページ | 2.26 事件です! »

コメント

ブロンズプレコは、デカくなる(40cmくらい…^^;)
と聞いていますよ、大丈夫ですか?

最近、よく分からない名前のプレコが、
「大きくならないプレコ」と銘打って、
ペットショップ等に置いてあることがありますが、
知り合いの「自称アクアリスト」さんによれば、
要注意!だそうです。

突然、話は変わりますが、我が家には、ポメラニアンがいます。
このポメラニアン、成犬でも体重2~3キロが普通なのですが、
元々の原種は体重14キロほどの牧羊犬だそうで、
時々、その先祖の血が色濃く出て、体重10キロを超えるデカポメも出現します。

それと同じで、元々は大きな原種だったものを
交配等の改良を重ねて、小さくしているプレコもあるらしく、
時々、思わぬ大きさに成長するプレコがいるそうです(^^;)

ドジョウさんのチャイナバタフライプレコ、
お掃除能力がいかほどのものか、成果が出たら、是非教えてくださいね♪

ナマズさんのコリドラスは、大食漢で、残り餌をしっかり食べてくれますよ。
この子達も、コケ発生の防止の一翼を担ってくれています。

投稿: ポメっちのママ | 2006年2月26日 (日) 09:30

…すみません、勘違いでした(^^;)
大きくなるのは、違うプレコでした。
ブロンズは、大きくても10cm位までです。
比較的安価(?)で、手に入りますが、
水質の悪化に弱くて、10cmに成長する前に、
お亡くなりなりやすい… って、聞きました。

メインのグッピーがワンペアで数百円、
サブのテトラが10匹300円ほどで、手に入るのに、
比較的安価といっても、1000円超はするブロンズは、
我が家の水槽には高嶺の花です。
しかも、水質に左右されやすいと聞くと、ちょっと手が出ません(^^;)

投稿: ポメっちのママ | 2006年2月26日 (日) 15:07

大きくならないブロンズプレコ手に入れました(笑)
1匹820円なり~。
水質についてはウチの水槽の水質でどの程度耐えられるかを見てみることにします(爆)

投稿: 謎謎 | 2006年2月27日 (月) 00:49

えーっ!安い!

近所の熱帯魚屋さんは、1260円でしたよ~(TOT)
安いホームセンターには、置いてないし…

やっぱり、都会は物流が豊富なのね… 
うちは、田舎ですんで(TOT)

投稿: ポメっちのママ | 2006年2月27日 (月) 13:30

いや、買った熱帯魚ショップが異様に魚が安いトコなんですよ。近くのペットショップでカージナルテトラが200~250円するところをそこの店は150円ですもん。たまに大丈夫か!?と思います。(店の利益がじゃなくて魚の状態がね・・・今のところ問題はありません)

投稿: 謎謎 | 2006年2月27日 (月) 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166254/8835842

この記事へのトラックバック一覧です: クリーンアップ大作戦:

« 監視する女 | トップページ | 2.26 事件です! »